プロフィール
小梅koume
小梅koume
4人兄弟の3番目。次女という立ち位置を最大限に利用して自由な生活を満喫中。フィリピンやオーストラリアでの海外生活を通して、30歳からの人生の方向性を見極めるべく自分磨きをしながら邁進します!


オーナーへメッセージ

読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
QRコード
QRCODE
にほんブログ村 海外生活ブログ ケアンズ情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ人気ブログランキングへ

2011年03月29日

お引越ししました♪

2011年6月1日に立ち上げた「My only one life ~ケアンズ編~」icon21

人生で初めて始めたブログでしたが、オーストラリアで自分が過ごした時間を書き溜め、ブログを介してたくさんの方々と繋がりができ、実際にお会いして交流がもてたりと、自分の中では新しい世界の広がりでしたnature20

もともと日本で媒体畑に居たからか、情報を発信するのが楽しくて、読む方々に有益な情報を!と自分なりにいろいろと挑戦してきましたfeel09
ブログを書いてなかったら、もっとグダグダな生活になっていたかもfeel19
(-∀-。)ソウカモ

最近では特にケアンズに来るという方達からお問い合わせを受けるまでになりましたfeel14
役に立てるのが嬉しくて、情報大盤振る舞いですfeel12

5~7日ぐらいずつで、ゴールドコースト・ブリスベン・メルボルン・タスマニア・シドニーを巡り、どの旅行も完全燃焼people31
もちろん、こうしたかった、ああしたかったはありますが、それはまた今後のお楽しみfeel01

残りのオーストラリア生活nature01
思い残す事がないよう、駆け抜けますよfeel17
オーストラリアにダイブですicon21


皆さんの応援と、コメントが私の支えですevent02
飽きもせずお付き合いくださいませitem12

続きは
『My only one life PartⅡ』にてicon21  


Posted by 小梅koume at 08:01Comments(2)皆様へ

2011年03月17日

被災地の方々を想う方々へ

連日報道され、目の当たりにする映像や情報に心を傷めている方々も多いかと思います。
それが日本国内であっても、海外に居たとしても痛みは同じです。
豪人ブロガーさんの中にも現状に心を痛め、自分に何かができないものかと思い悩む人がいらっしゃいます。

人々を想い、寄り添いあって助け合い、慈しむ気持ちは、日本人の本来ある素晴らしい気質なのだと思います。
でも、その想いでご自分の心を痛めるのは被災地の方々が望んでいる事でしょうか?

私が購読しているメールマガジンに、本日こういう情報が掲載されていました。
【子供がいらっしゃる方へ(地震関連情報)】

私は3人の兄姉弟がおり、すでに6人の甥っ子と姪っ子がいます。
彼らが今何を考え、思っているだろうと心配になりました。

日本では連日特番が組まれ、テレビをつければ恐ろしい映像や情報が飛び交っているといいます。
情報を得る事は大切ですが、その映像をご覧になった後のあなたの心は大丈夫ですか?
鏡を見た時に表情が曇っていないでしょうか??

今こそ必要なのは笑顔です。
被災地の方々を想うあまりに、それらを助けようと思っている人たちが曇った顔では何も生まれません。

美味しいものを食べ、楽しい事を求め、日常を過ごす事が悪い事ではありません。
人は自分に余裕がなければ人を助けられないのです。
行動を起こす時に全力が出せるように、今は自分と自分の生活と自分が守るべき人たちの事も考えてあげてください。

今こそ笑顔を。

心にを灯しましょう。
  


Posted by 小梅koume at 10:19Comments(8)皆様へ

2011年03月14日

今こそ心を一つに!

連日「東北地方太平洋沖地震」のニュースをTVや新聞で目の当たりにし、その恐怖と悲しみで心が押しつぶされる思いです。
被災地の方々がインタビューに答える様子を見ましたが、その悲しみが画面から溢れ出てくるようで、涙なくしては見れませんでした。
もし被災地が自分の住む街だったなら。

想像しただけでも背筋が凍ります。

海外に出てからは特に他県の友達が増え、彼ら自身もそうですが、彼らの家族や親族が東北に住んでいるということも珍しくなくなりました。
今の所知り合いに悲しい知らせはありませんが、今も日に日に膨らむ死者の数や、行方不明者の数を見るともはや他人事ではありません。
これは日本で本当に起こっている事なのですから。

1人でも多くの方々が一刻も早く救われる事を、被災地の方々が1日も早く平穏な日常に戻れる事を、日本中の人々に心からの笑顔が戻る事を願って止みませんが、祈るだけではなく行動したい。

自分にできる事を少しでも確実に行動に!

日本では日本国民が一致団結して行動を起こしています。
海外に住む私達にも何かできるはずです。
まずは日々更新される正確な情報を把握し、実際にできる一番の行動である募金を促す活動を支援しましょう!

「豪人」でも特別ページが新設され、オーストラリアドルによる募金可能なサイトの紹介や、情報を得られるサイトのリンク集を紹介しています。

【東北地方太平洋沖地震に関する支援サイト】

こちらのページで紹介されているリンクバナーをサイトやブログに貼るご協力をお願い致します!

身近な人に声を掛け、募金を促し、行動しましょう!

このソースをWEBサイトやブログに貼って頂くと、バナーとリンクが表示されます。
<a href="http://info.go-jin.com/e13817.html" target="_blank"><img src="http://img01.go-jin.com/usr/info/bnr_s_prayforjapan.gif" alt="東北地方太平洋沖地震の募金にご協力お願いします" width="160" height="160" border="0" /></a>


海外に居て入ってくるのは悲しいニュースだけではありません。
恐ろしい規模の災害が襲った日本の被災地で被害に遭われた方々の行動、その人々を支援に当たる方々、そしてその対応に世界中から賞賛の声が上がっています。
海外に出て、今だかつてこれ程までに日本を、日本人であるということを誇りに思った事はありません。

きっと復興には時間はかかるでしょう。
それでもきっと乗り越えられると確信しています。

世界中からの祈りと支援が集まっています。

日本が、日本人が、世界が一つになる時です。

忘れていた日本人本来の気質を、心を取り戻し、行動に移す時。
できる事から行動を!



  


Posted by 小梅koume at 16:58Comments(7)皆様へ

2011年03月10日

け、携帯が・・・。

私、現在パ〇ちゃんの携帯プランを利用しておりますitem10

本日、パ〇ちゃんよりテキストが2通送られてきましたitem17

一つは英語で、一つは日本語でですfeel12
「パ〇ちゃんです。SIM-CARDの交換が必要です。電話帳をメモしてお近くのパトちゃんまで連絡ください。」
どうゆうこと∑( ̄ロ ̄|||)

携帯が使えなくなるの(。??∀??。)
いつから?
なんで??
まったくわかりません。
番号が使えなくなるのを恐れ、急いで携帯の番号をメモに書き写しましたitem19

するとその後担当者の方からお電話があり、会社のメンテナンスなんかの関係で、番号は変わらないけどSIMを新しい物に取り替える必要があるとのこと。
今週の土曜日に現在のSIMカードによるサービスがストップされ、来週の水曜日ぐらいまでにはオフィスに新しいSIMカードが届く事になるので、その間は携帯を使うことができないとのことなのですicon11
水曜日より早くにSIMが届いた場合は連絡してくれるとのことでしたitem28
携帯がないととっても不便なので、少しでも早くSIMが届くことを祈るしかないんですね~。。

ということで、今週の土曜日から来週の水曜日まで携帯が使えなくなります!
お急ぎの方はe-mailかブログのメッセージまでにご連絡ください!

  


Posted by 小梅koume at 23:33Comments(0)皆様へ

2011年01月13日

オーストラリア洪水被害救援求むっ!!

本日はこの場を借りて皆様にご協力をお願いしますfeel20

オーストラリア第3の州都ブリスベンとその周辺地域で起こった大洪水。

被害は日に日に拡大し、たくさんの方々が被災者となり眠れぬ夜を過ごしています。

オーストラリアに滞在する者として、何か自分にできることはないかと思い救援活動のご協力をお願いしています。
日本に住んでいれば遠い異国の地で起こった事だとお思いになるかもしれませんが、今こそ日本人の「困った時はお互い様」という和の心を思い出し行動に移していただければと思います。

あなたの助けを待っている人達がいます。


寄付ができなくても、1人でも多くの人にこの事を伝える、自分のブログで紹介する、HPやブログにバナーを貼るのも一つの救済活動です!



以下のソースをコピーしてWEBやブログに貼って頂ければ、上記のバナーが表示出来ます。

<a href="http://info.go-jin.com/e10293.html" target="_blank"><img src="http://img01.go-jin.com/usr/info/bnr_s_flood.gif" alt="クイーンズランド大洪水救済支援にご協力お願いします" width="160" height="80" border="0"></a>



詳細は「オーストラリア クイーンズランド州の大洪水に伴う救済支援」をご覧くださいfeel20

立ち上がれ日本人!
今こそオーストラリアで困っている人たちを助けましょうicon21  


Posted by 小梅koume at 10:25Comments(7)皆様へ

2011年01月08日

1人でも多くの皆様へ


皆さんはオーストラリアをすきですか?
私は『大好き』です。

一時期70万人もの日本人観光客や留学生、ワーキングホリデーの方々が来豪されていたそうです。
でも今は、その半分の35万人程しか来ていないのだとか。
それはなぜでしょう?
リーマンショックの影響で、世界が不況になったから?
海外に出たいと願う若者が減ったから?
私は違うと思います。
もちろんその影響はあるかもしれません。
でも根本的に変わったのは、そこで生活をする人達の、仕事をする人達の、オーストラリアに対する想いが弱まったからではないでしょうか?

宣伝をしなくても毎日のようにやってきていた観光客。
その人をただの観光客と侮り、ただ1回ツアーに参加する、レストランで食事をする人達という想いで接していませんでしたか?
その中の何人があなたの会社の、お店のリピーターになったのでしょう。

私はゴールドコーストで素晴らしいガイドさんに会いました。
「〜e大c自o然の奇跡ゴールドコースト日記〜 Australia Certified EcoGuide」 
私はその人に会う為に、その人のガイドを受ける為にまたその地に足を運ぼうと思います。
あなたは、あなたに会いたかったから来たというお客様を迎えた事がありますか?
あなたの会社はそのような従業員をお持ちですか?

私は2010年6月からブログを書いています。
仕事の一環として書いている「ケアンズリアルタイム情報日記」、そしてこの個人のブログ「My only one life~ケアンズ編~」です。
私はこのブログを通して、1人でも多くの人にオーストラリアを、そしてケアンズという街をすきになってもらいたいという気持ちで書いています。
そして何かしら私が行動することで、人の気持ちを少しでも動かせたらと。
それはなぜか。
この国も、この街も、この土地に住む人もすきだからです。
世界にはこんなに素晴らしい場所がある。
素晴らしい人達が居る。
美しい景色がある。
自分の知らない場所や物事がもっともっと無限にある。
それらを知りたい。
そしてその感動を人に伝えたいと心から願うからです。
私のブログを読み、ほんの少しでも行動したいと思う気持ちを起こさせる事ができたら、それはとても素晴らしい事でしょう?
ブログを通して繋がる人と人の和。
横のつながりをも生むブログ。
可能性は無限大です。

2011年が始まりました。
何か新しい事を始めたいと思っている人がたくさん居ると思います。
ブログを始めてみませんか?
とても素晴らしい経験と、体験が待っています。
ブログを書こうとする気持ちは、物事に対するアンテナを広げ、毎日を輝かせてくれます。
書くことがないと思っていらっしゃる方もいるはずです。
でもそう考えているのはあなただけ。
あなたの毎日が、人にとっては日常ではないのです。
美味しいものを食べた、面白い人に出会った、こんな街の風景を見かけた、美しい景色を見た、家族がこんな成長をした、書く事なんていくらでもあるのです。
自分の発信する情報が、人を少し幸せにしたり、役に立ったりするだけで、ブログを書く意味になりませんか?
もしあなたが働いている会社やお店、職場を本当にいいと思っているのだったら、自分のしている仕事に誇りをもって働いていたら、その事をきっとブログに書くでしょう。
そのブログを見た人の心が動いた時、初めてお客様があなたの所に現れるのだと思います。

今日なぜこんな事を伝えたくなったというと、比田井さんの「ココロの授業」というセミナーを聞き、比田井さんの書いた本を読み、読み終わった後に洗濯物を取り込み、たたみながらその事を反芻していました。
そして、ふつふつと想いが高まり、書かずにはいられなくなったのです。
私にできる事は何かと、模索した結果の第一歩です。
きっとこのブログを読んだ方は、ブログを書き始めないとしても、少しは何か気持ちの変化があると思うんです。
自分に何ができるんだろうと模索している人は特にそうだと思います。
誰にでも自分の為ではなく、人の為にと始められることはあるのです。

でも、少しでも私の言葉に共感したという方は、是非ブログを始めてください。
そしてみんなで、1人1人の力でオーストラリアを元気にして、そこで暮らす人達を、少しでも関わる人達を、オーストラリアに来たいと願う人達を幸せにしましょう。

そうなったらどうなると思いますか?
オーストラリアをすきだという人が書いた文章は、オーストラリアに行きたいと思っていなかった人達の心をも動かします。
きっと次に海外旅行に行く時は、オーストラリアに行こう!行きたい!!そしてあの人に会いたい!!!と思うでしょうね。
住んでいる人達は、こんな生活があったんだ、こんな製品が、オーストラリアで心が豊かになる暮らしがと気付くことができるでしょう。

まずは一歩から。
自分の、自分の働いている場所の事ではなく、もっと広い視野で、もっと根本を揺り動かす為にどうすればいいか考えてみてください。
そして後は行動するだけです。

今日のこの気付きに感謝します。
そして、この想いを表現できる場となったブログとの出会いにも感謝します。
今この気持ちになる自分の土台を築いてくれた人や、環境を作ってくれた人、そして私に関わる全ての人達へ心から感謝しています。
  


Posted by 小梅koume at 16:39Comments(8)皆様へ