プロフィール
小梅koume
小梅koume
4人兄弟の3番目。次女という立ち位置を最大限に利用して自由な生活を満喫中。フィリピンやオーストラリアでの海外生活を通して、30歳からの人生の方向性を見極めるべく自分磨きをしながら邁進します!


オーナーへメッセージ

読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
QRコード
QRCODE
にほんブログ村 海外生活ブログ ケアンズ情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ人気ブログランキングへ

2010年11月25日

ケアンズは雨、時々猫♪

シェアハウスに帰ると、ダイニングテーブルを囲んでみんなが飲んでいたので、久しぶりに私もお酒を飲みました。
みんなは浴びるようにビールをfood42
私は甘いお酒をfood43
みんなでわいわい話して、オーナーのJは気持ち良く酔っ払って上機嫌に歌を歌っていましたfeel01
久しぶりに飲んだからか、気心しれたメンバーだからか、眠たくなった私はちょいとNAPfeel17
(つc_,- 。)ノ"=зオヤスミ-。.:*:・'☆

そして先程すごい雨音で目を覚ましましたicon03
ケアンズは最近とても変わりやすいお天気が続いていて、雨が昼間も残ることが多くなってきました。
今日は朝から昼ぐらいまで雨だったので、このままずっと雨かな~と思いきや、少し経って外に出ると痛いほどの日差しがさしていましたしicon01
そろそろ梅雨入りしそうなケアンズです。

さて今日はうちの愛娘と愛息子のご紹介をばanimal05
姉の送ってくれる愛娘や愛息子、そして6人に増殖した甥っ子や姪っ子の写真に癒されているおばさんになってしまいましたitem08
帰ったらなんて呼ばれるんだろう。
名前で呼ばせようと計画していたら、弟嫁と同姓同名になってしまったのでそういうわけにもいかず、あだ名を考えております。

そこに納まる必要があるのか、銀太よ。


なんでそんな端っこで苦しそうに寝るんだろう。。
彼女なりの挑戦なのか。


にゃんこはなぜか男性の脇の臭いを嗅ぐ時にごろごろなる時がありますよね?
マタタビにもにた成分がでているのか、それともフェロモン効果?
嗅ぐと。

こうなる。

幸せそうだけど、複雑。。

もちろん可愛くもねますよ。
肉球が可愛いね~。

あ~、お腹をもにもにしたい。。


元気がいい甥っ子姪っ子に追いかけられると一目散に逃げる2匹ですが、やはり気になるのか近くで寝ることも多々あるようです。
いやよいやよもすきのうち。

それにしても甥っ子がかなり育っとる。


私が海外に出てから生まれた甥っ子が2人います。
帰る頃にはもっとずっと大きくなっているんだろうな~。
  


Posted by 小梅koume at 00:48Comments(5)家族のこと

2010年08月27日

小梅のつぶやき

小梅特等席にて。

小梅『あ~、あっついにゃ~。残暑厳しすぎでしょ。。扇風機の下から離れられないにゃ~icon10




銀太「小梅ちゃんも全身刈っちゃえば~?快適にゃんですけど~♪どう?このスレンダーな姿(*Φ皿Φ*)ニシシシシ 」




小梅『女の子ですもの。そんな姿にはなれにゃいわ~。(太ってるのがばれちゃうのはいやなのにゃ。。)』


  


Posted by 小梅koume at 10:24Comments(13)家族のこと

2010年08月12日

銀太のつぶやき

これが。



こうなる↓
銀太夏スタイル。
なんてみすぼらしい姿に(」゜ロ゜)」ナント
でも天使の羽が生えてる・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・

『あっついにゃ~。
毛だくさんの僕の身にもなってほしいにゃ。
今はないけど。。
これじゃ彼女できないにゃ。。。』


  


Posted by 小梅koume at 08:11Comments(13)家族のこと

2010年07月07日

小梅の巻☆

ブログを開設した日に書いた通り、私のニックネームは愛猫小梅の名前である。
「おいでやす~」




友人がひろってきた手のひらにのるほど小さかった小梅を引き取り、市販のミルクで育てたのだ。
家で猫を飼うことができないと、2回里親に出すも、暴れん坊で返されてきた小梅は、避妊手術をすると驚くほどおとなしくなった。
そしてふくよかな体になった<(*ΦωΦ*)>ニャwww
(決して太ったとはいわない。)
もともとの体格が良いこともあるが、5キロぐらいある。

mixiやその他イメージ画像に毎回使用しているこちらの画像。



これは私の陶芸の師匠が描いたもので大のお気に入り。
たまたま見かけた師匠の絵に一目ぼれした私。
なんでも、師匠は実在する猫を描いてくれるというのだ。
でも、気に入ったこでないと描かないとも。。
早速連絡先を聞き、メールを送ると驚きの早さで描いていただき、陶板やお皿に小梅モチーフを入れて作品を作ってくれた。
できた作品がこちら。



小梅家の居間に大事に飾られている。

師匠に出会ったおかげで、私は趣味を「陶芸」と答えるようになった。
そんなに頻繁に唐津に通っていたわけではないが、陶芸のように無心にもの作りをできるという場は生活の中で早々ないので、本当に楽しい作業のだ。
時々ふと土に触れたくなる時があるので、その時はドライブがてら唐津まで行き陶芸を楽しんでいた。
初めて陶芸をした日は、最初から最後まで無心に轆轤を回し続け、師匠の生徒史上1、2を争う程の作品を1日で作り上げた。
この写真にはないが、とっくりも作れるようになった。



あ~、土に触りたくなってきた!!

師匠のブログはこちら↓
『落合崇秀陶房』
桃とラナのお話
シロのお話

初代に飼っていたはなという猫が亡くなった後、とても甘えん坊になった小梅。
でも甘えるのがちょっとヘタで、少しずつアピールをしてくる。
膝に乗りたいんだけど、目の前をうろうろしてみたり。
遠くから視線をおくってみたり。



家政婦はみた。。
仕事に行く為に化粧をしていると、決まって玄関で待ち伏せをしている小梅。
本当に可愛いこだ( =①ω①=)フフフ

私がオーストラリアに行く為に荷物のパッキングをしている時。
何かを察したのか荷物の上で爆睡。



服が毛だらけになって大変だったな~( ´∀`)

弟分の銀太とも近頃は少し仲良くなったようで、一緒に寝たりしているみたい。



ちょっと迷惑そうかな(●´艸`)フ゛ハッ
いつも小梅を想っているよ。
(いつもは嘘かも)

あ、そうそう。
銀太について書いた時に無理やり甥っ子のイスに座っていた銀太。



とっても窮屈そう。。

でもこちらのスタイルに落ち着いたようです。



本当に快適なのか。。
でもまったりできてよかったね~(。-∀-)

あぁ、小梅と銀太に会いたいな~。
小梅のお腹のお肉をもにもにしたり、銀太のふわふわな毛をわしわし触ったり。
ホームシックにはならねど、猫シックには時折襲われる小梅なのでした。  


Posted by 小梅koume at 10:56Comments(10)家族のこと

2010年06月25日

銀太の巻☆

私は無類の犬・猫ずきである。
というか人間を含めた動物が大すきなのである(-ω-*)
でも虫は苦手。。
体に身がついていたら大丈夫!
(この基準はとっても分かりやすいのになんだそれ!とよくいわれる。納得いかない。)

小学校4年生の時に、1頭の犬をきっかけに将来獣医になりたいと思った時から、自分は動物に関わる仕事をしたいと想い続けてきた。
ここらへんは長くなるので、今後ぼちぼち紹介していくことにしよう( ̄ー ̄)ニヤリッ

最終的に落ち着いたペット雑誌『犬吉猫吉』というペット雑誌の仕事。
そこのクライアントさんであったキャットブリーダーさんからいただいたのがスコティッシュフォールドの「銀太くん」である(=゚ω゚)ノニャーン♪



この写真は雑誌の取材の時に撮影したもので、あまりの可愛さに私が「可愛い!」を連発していると「小梅さんにもらってもらえるなら、きっと幸せになれるから」と言われていただいたのでした。
家族を迎え入れる時は、やはり1人で決めることはできないと一旦返答を待っていただいたものの、私は確信していた。
この写真を見せれば必ず受け入れられると<(*ΦωΦ*)>ニャハwww

家族会議を終え、やはり家族に迎えられることがすんなりと決定し、銀太は家族になった。
家族に迎え入れたらまず何をするのか。

そう、それは名前をつけることである。
私と姉は銀太を見た直感で「銀次しかない!*:゜☆ヽ(*’∀’*)/☆゜:。*。
と盛り上がっていた。
しかし、母こと文子が「銀次は悪そうな名前だから、そんな名前にするんだったら銀太がいい!(´・д・`)ヤダ」と断固反対。
なんでもスリの銀次というイメージがどうも払拭できないらしい。
やはり時代か。。

そこでmixiの日記にて動画をUPし、マイミクさんに『銀次vs銀太』で名づけ投票を行なったのである。
その動画は「こちら」
結果はなんと奇跡の1票差で銀太の勝ち!!
文子大喜びヾ( ̄∇ ̄=ノ バンザーイ♪

そうして晴れて銀太と名づけられたのである。

寝るこは育って・・・。




立派なスコティッシュフォールドの男の子へと成長致した銀太。
(後ろの小梅の顔の不細工なことw)




長毛の銀太。
毛が最大限に伸びてくると毛づくろいがとっても大変そう。。
そしておっきいのをした後に、そのまま毛にくっつけて出てきてしまい、それが家の床に転がっていることが多々あるらしく、数日前にも、母文子からメールが来たと思ったら・・・。

タイトル ぎ銀太のウン〇を
本文 ふんじまっただよ(゜ロ゜)ギョェ

という内容だった。
これから日本は夏にもなるし、銀太のライオンカットは彼にとって免れられない一大イベントになるのであった。

前回のライオンカットの写真がこちら。



望まないライオンカットを強要され不機嫌な様子。

でもやっぱり慣れてくると快適なのか・・・。



こんな格好で寝ちゃうぐらい楽らしい。

最近姉からこんな写真が送られてきた。



「頭隠して尻隠さず銀太」




「姉の愛息子のイスに無理やり座る銀太」
(決して快適そうではない)

うんうん、元気そう( =①ω①=)フフフ
女だらけの小梅家にてただ1匹の男の子。(術後ですが)
そんな小梅家を守って欲しいと心から願っている小梅なのであった。  


Posted by 小梅koume at 05:08Comments(5)家族のこと