プロフィール
小梅koume
小梅koume
4人兄弟の3番目。次女という立ち位置を最大限に利用して自由な生活を満喫中。フィリピンやオーストラリアでの海外生活を通して、30歳からの人生の方向性を見極めるべく自分磨きをしながら邁進します!


オーナーへメッセージ

読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
QRコード
QRCODE
にほんブログ村 海外生活ブログ ケアンズ情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ人気ブログランキングへ

2010年12月26日

GC旅行記「18」Gatton

12月23日(土)icon01

カラーラ・マーケットを歩いているとヨンコイチメンバーのTatsuから電話がitem10

Tatsu「なにしてんの?」
Koume「マーケットでお買い物してるよ~。」
Tatsu「マーケット好きだね~。。切り上げてブリスベンきてよ。」
Koume「はい!?」

っということで、ブリスベン行き決定icon21
予定ではその日もゴールドコーストに1泊し、次の日にブリスベン入りするつもりだったのですが、2人に会いたいからいっちょいったるか~と思いまして(-∀-。)ヘヘヘ
帰って早々に荷物をパッキングし、バスで駅へbusiness07

ブリスベンに電車で向かうにはNERANG駅に行くといいよと教えてもらったので、バスの運転手さんにその駅になったら声を掛けてと言ってバスに乗り込みましたfeel17
オーストラリアのバスは先にお金を払うシステムなので、運転手さんに$4.7を支払いサーファーズパラダイスのバス停から出発ですicon21
すぐに着くと思っていたのですが、なんと1時間乗り続け終点まで乗り切ってしまいました。
着いた場所はHelensvale Train Stationbusiness14
名前違うけど大丈夫なの・・・?(゜ロ゜)

改札前のチケットカウンターでおじさんにブリスベンに行きたいというと普通にチケットを発券してもらえました。
お値段は$10.30mark02
オーストラリアで初電車icon12

車内はとても綺麗で、窓が広いな~という印象です。
日本みたいに網棚がないんですね~(・∀・)
つり革もないのか~と思ってたらかなりちっちゃくまとめられてる~!
∑( ̄ロ ̄|||)カンカクセマッ

体の大きなオージーがあのまとめられているつり革にみんな摑まったらどうなるんだろう。。
ちょっと妄想。
・・・暑い(。-`ω´-)

そして、日本では駅に着くと一方向の扉が全て開きますよね?
オーストラリアでは、入り口にボタンが付いており、これを押さないと扉が開きませんfeel12
そんなことよりも、入り口近くに座っているおじいさんが気になる。

おじいさんの着ているTシャツが。
KYOTO。
そして一言。
「感じがよい」と書いてある。
・・・(・∀・)
なんて説明されて買ったんだろうな~、おじいさん。
電車に乗って1時間で無事ブリスベンのRoma Street Stationに到着feel09

AkkoとTatsuと合流しいざガットンへicon17feel17
夕日が綺麗ですnature19

私、キャラバンパークに泊まるの初めてでして、ワクワクです(*゚▽゚*)
ゴールドコーストで1回ご飯を食べましたが、なんだか3人でゆっくり話せていたわけではなかったので、また会えて嬉しい(-∀-。)
かんぱ~い(*・∀-)db(-ω・*)(ブレブレだ。。)

キャラバンでのシャワーも思ったより綺麗で、なんといっても出がよかったicon12
ヨンコイチメンバーとゆっくり飲んで、なんだか久しぶりにアウトドアの気分を味わった夜でしたnature21
  


Posted by 小梅koume at 21:19Comments(4)ゴールドコースト編

2010年12月23日

GC旅行記「17」CARRARA MARKETS

10月23日(土)icon01

ゴールドコーストで参加するツアーは全て完了したので、この日はガイドさんに教えていただいた『CARRARA MARKETS』に行くことにしましたfeel17

お天気は快晴なりicon12
昨日から公道を車のレース会場にしちゃうという大胆な車のレースが始まっているゴールドコーストpeople31
でも車レースにはまったくもって興味がない私はスルー。
あ!
博多ラーメン屋さんがある!!food35


しかも長浜ラーメン。。
めっちゃ地元。。。
でも、地元で食べられるからいいか。
かなり後ろ髪を引かれながら移動。

カラーラマーケットへは、特別バスで向かいますbusiness07
DFS向かいのハードロックカフェの前にある「Cavil Avenue」バス停から乗れますよfeel12

シティからカラーラマーケットまでは約10分。
そしてお値段はなんと$1feel09
これは嬉しいd(ゝ∀・*)

帰りのバスは1時間1本と決まっているので、チェックしてお買い物しましょうfeel11

カラーラマーケットは500店舗以上の露天が並ぶとっても大きなマーケットなのです!
小川を挟んで大きく6つのパートに分かれており、屋根が付いている所や、出店のようになっている所等様々です。
地図があるのでGETしましょうfeel09

マーケットでは、フルーツやお野菜、パンやお惣菜を始めとする食べ物food11


お魚屋さんやお肉屋さんまでありますanimal01animal20

他にも洋服、アクセサリー、雑貨、バック、等々他にもた~っくさんのお店が並んでいます。
まったく統一感のない置物達。
何屋さんか定かではない怪しげなお店feel19
エジプトの雰囲気満載です。

ボディーバターが安いicon12
マンゴーを購入item09
一つ一つのお店の品揃えが半端ないので、ゆっくり見て回ると全部回りきれませんicon10

象さんが居るので何屋さんかと思いきや、植物を販売しているお店でした。
初めて見ました、ジュークボックス屋さん。

仏様とデビルくん。
仲良くやれているのか心配。。

デビルくん『最近ど~よ?』
仏様「まあ、ぼちぼちですかね。。」
な~んて話してたりして(-∀-。)
絶対に買わないであろう壁飾り。(特に右真ん中の太陽の表情、イラッとするのは私だけでしょうか。。)
アジアンなお部屋に合いそうなこういうのはすきですねfeel01

そして最高に買いたいっ!と思ったのはこちらicon12

このお店には、オーストラリアを代表するビールやスピリッツのボトル、ベジマイトなんかの瓶を再利用してプレスし、時計や鍵置きなどに加工して売っているのです。
可愛いでしょう?

これは自分へのお土産に絶対欲しい.。゚+.(・∀・)゚+.゚
でも、これからブリスベンへ移動したりするのに割れたりしないか心配。。
思い悩んでいるとお店のおじさんが声を掛けてくれました。
なんでも、こちらの商品はネット販売しているというのですbusiness03
日本に帰る時に絶対買おう(●´艸`)
「Drunkun Bottles」

お店を見て回ってお腹が空いたのでご飯た~いむicon21
AUSSIE BREAKFASTは食べたことあったので、初のKIWI BREAKFAST($9)に挑戦food01
スタッフさんは忙しそうにバリバリ働いていました。

そして出てきたのがこちら!

卵きれ~icon12
でもこりゃ大変だicon11
お隣の家族連れと分け合って完食icon09

ペットショップ発見ヽ(・∀・)メ
子犬に釘付け(っ´∀`)っ

子供達に嬉しい遊び場スペースもありますよpeople20
子供が大好きトランポリン♪
そして大人気の動物触れ合いスペースまでicon12

触れ合いスペースへの入園料は$3で、ポニーライドは$5ですanimal18
ポニーライド。。
我慢我慢(。-`ω´-)

その後も心行くまでマーケットを物色&行脚icon24
土曜日と日曜日の7:00-16:00まで開いているカラーラマーケットfeel01
ゆ~っくり回ったら1日楽しめるオススメのマーケットですfeel11
ゆっくり時間を取って楽しんでくださいね(*・∀-)☆  


Posted by 小梅koume at 23:30Comments(4)ゴールドコースト編

2010年12月12日

GC旅行記「16」Q1

10月22日(金)icon01

Ksanご夫婦にバックパッカーまで送ってもらい、一休憩して向かった先は『Q1』ですfeel12

1日の締め括りに高さ322.5メートルの『Q1』からの夕日と夜景を見ようと思ったのですicon21

チケットは$19。
でも、街の中にあるクーポン冊子で見つけた15%OFFクーポンを使って$16.15になりましたicon12


日の入りは18:00頃ということで、まだ時間があるので、バニラミルクシェイク($5.2)を飲みながらひとまずのんびりfood19

Ksan達と朝日を見たのが今日だなんてなんだか信じられません。
今日は始まりから一緒だったね~。

カップルのデートスポットなんでしょうか。

ゆっくりと光を吸い込み、地平線に静かに沈んでいきました。
今日も1日お疲れ様です。

太陽の光がゆっくりと地平線のかなたに消えていくに連れて、反対に街はぽつりぽつりと光が灯り始めます。

太陽と選手交代で空に輝く満月。
世界は朝も夜も照らされているんですね。

『Q1』からの夜景も素晴らしかったです。

本当に良い1日だったicon12  


Posted by 小梅koume at 22:05Comments(5)ゴールドコースト編

2010年12月10日

GC旅行記「15」タンボリンマウンテン

10月22日(金)icon01

バイロンベイを後にして、車でタンボリンマウンテンに向かいましたbusiness08feel17
これだけいろいろな事をしたのに、バイロンベイを発ったのが9時半icon12

タンボリンマウンテンのルックアウトにあるモニュメントです。

なんて広大な景色。
大きく息を吸い込んで、体の中の空気を全て入れ替えました。

こんなに景色が綺麗なところなら、やっぱり飛びたいicon14
爽快feel01

芝生に寝転がってごろごろ。
あ~、空が広いnature02
世界は美しいな。

さてさて、景色に満足したので街散策にLet's goicon21
さっそく不思議な植物発見。
何ていうのか忘れましたが、その名の通りカンガルーの足のような形の植物です。

Kさんが不思議な植物から、名前は知ってるけど初めて見た~feel09みたいな植物までなんでも説明してくれますicon12
可愛い建物が並ぶのどかな街並み。
ガーデンがあったり、植え込みの植物も綺麗にお手入れされていますnature08

有名な手作り時計のお店です。

お店の中は時計のかちこちという音や、仕掛け時計の時を告げる音で満ち溢れていますitem65

きっとこれで飲んだら3倍増しに美味しくなりそうな可愛いビアジョッキ。
このまま日本に帰るのなら買いたかったな~food42
仕掛け時計の中にハイジをモチーフにした作品がありました。
探してみてくださいね。

お腹が空いたので、人気のレストラン「GEORGE'S PARAGON」に入店icon28

このレストランは、ディナーの価格の半額でランチを食べることができますmark02
人気があるようで、レストランは人でいっぱいでした。
私はfettuccine prawns($16.6)オーダー。
サーブしてもらった後に、スタッフさんが好きなだけ粉チーズをふりかけてくれますfood29

一言、素晴らしかったicon12
シーフードに定評のあるレストランというだけあって、海老のプリプリ感が最高!
そして、パスタの湯で加減とクリームソースの味付けが絶妙なんですfeel20
店内の雰囲気も良く、スタッフさんもしっかりとしたサービスをしてくれます。
今度行く時はディナーを楽しんでみたいな~と思えるお店でした。

お腹が満たされた所でまたまたお店巡りへfeel17
ファッジのお店food50
味見で食べたファッジが黒くてゴムみたいな味がしてとっても美味しくなかったので買わなかったのですが、おかれているファッジは美味しそうでしたよfeel11

この街には不思議なお店もちらほら。
「Fairies」には可笑しなキノコのオブジェと。

ちょいと年配のフェアリーちゃんがいますpeople30

このお店のお庭にある植え込みにいたカエルくんです。

お次はこちらへどうぞicon23

向かった先は、ビール工場とヨーグルト工場が併設してあるこの建物animal20

こちらで一休憩。
アイスクリームはSingleが$4でDouble$6。
ダブルにしたいところだけど、パスタでお腹がいっぱいなのでシングルにすることにfood22
ヨーグルトはお持ち帰りで買いましたが、本当に滑らかで濃厚!
チーズケーキのような味でしたicon12

ビールは飲みませんでしたが、味比べなんかもできそうでしたよ。
このスポーツカーは、オーナーさんの趣味でしょうか?business15

こちらでもKさんが素敵な写真を撮ってくれましたitem08icon12
こんなに素敵な写真を撮ってもらえる奥様とこれから生まれる赤ちゃんはとっても幸せですね。
Ksanの作品に出演できて感激ですicon12


Photo by Ksan


Ksan、Asan、大切なお休みの時間を割いて1日一緒に過ごしていただいてありがとうございましたfeel20
ゴールドコースト&ブリスベンの旅で一番中身の濃い1日でしたよ。
またお会いできるのを本当に楽しみにしています。
その時は元気な赤ちゃんに会えるのでしょうね。

Ksanのブログは「こちら」から!  


Posted by 小梅koume at 21:52Comments(3)ゴールドコースト編

2010年12月08日

GC旅行記「14」バイロンベイ

10月22日(金)icon01

バイロンベイの朝日と灯台を心行くまで満喫した後、車でバイロンベイに向かいましたbusiness08feel17
通りかかった『BEACH FRONT』というカフェで朝ご飯を食べることにicon28
ゴールドコーストから移動して、あんなに素敵な朝日を見て、ゆっくり朝ご飯を食べている時間がまだ6時45分ってどういうことfeel21
早起きは3文の得icon12
スタッフさんがとってもフレンドリーで、注文を取る時になんと椅子に腰掛けて話しかけてきました。
Kさん笑いすぎ(●´艸`)ブフ

私は「caprese($14.5)」にしました。
飲み物はやっぱりホットチャイで(´∀`*)オイシ

ローマトマトにバジル、bocconciniというチーズにポーチドエッグfeel01
絶対美味しいでしょ.。゚+.(・∀・)゚+.゚
ほら、卵を割ったら・・・。

無理、眩暈が(*´∇`*)
のっているお野菜がとっても新鮮で、オーガニックというだけあってとっても健康になれそうな味ですicon12
チーズとローマトマトと卵が絡むと、もうパーフェクトというしかありません(TДT)ナクホドオイシイ
Kさんは「breakfast BLT($14.5)」。

そして奥さんは私のスモークサーモン版($16)のようなこちら!
名前がなくて材料が全て書かれていたので省略w

Kさんと奥さんと食事をしながらお話をしている時に、タンボリンマウンテンへの行き方を聞いていると奥さんから「これから一緒に行けばいいじゃない♪」と神の一声がpeople30
厚かましくもそのお言葉に甘えることに_<(_ _)>_アリガトウゴザイマス
お腹が満たされた所でバイロンベイの街歩きをすることに。

こちらは廃線になってしまった列車の駅だそうです。
SUMMER TIMEですよ。
手書きのところがなんだかいい(^∀^)

廃線になった線路があるのなら、線路でやりたい放題OKfeel11

ここがバイロンベイの中心となります。
のんびりとした街です。

しきりに空を見上げていたKさん。
上空の気流の動きがとても変わっているバイロンベイでは、面白い自然現象が見られる可能性が高く、それをずっと探していたKさん。
なんでも、『幻日』『彩雲』『暈』という現象が次々に起こったそうです。
詳しくは「Kさんのブログ」にて!

それにしても本当に不思議な空。
こんなにたくさんの種類の雲をこんなに近くで見たのは初めてです。

そこからテクテクビーチへお散歩。
こんなに素敵なビーチを見ながらビール飲んだら美味しいだろうなfood42

ビーチからは先程いた灯台も見えました。

ここからカヌーで灯台がある半島の周りまで行けるそうですよ。
イルカに会う事も珍しくないとかanimal02

なんてバイロンベイっぽい車。
PEACEicon22
scottって誰だろw

カフェで出会ったわんこ達。
なんて穏やかな顔をするんだろう。

バイロンベイの地図です。
サメに人が食べられとる∑( ̄ロ ̄|||)オワ

そして、Kさん夫妻にオススメのオーラ写真が撮れるお店「CRYSTAL CASTLE」へGOfeel17
初体験なのでわくわくドキドキです(*゚▽゚*)

そして出来上がった写真がこちらfeel20

撮ってくれたお姉さんがそのオーラを見てどういうオーラなのか説明してくれます。
全部英語だったので、はっきりとは分かりませんでしたが、だいたい言われたのはこんなこと。

☆大志を秘めている
☆クリエイティブな能力に長けている
☆独立心が強い
☆家族と友達との結びつきが強く、それが自分に強く作用している

そして写真を貼っているカードには、オーラの色が属する説明が細かく書かれています。
私の場合、体の周りを緑が覆っており、そこから黄色・オレンジ・赤と変化しています。
それぞれが持つ意味はこちら。

Green
Healing,Teaching,Growth,Change,Balance,Self esteem,Inner strength,Higher awareness,Nurturing self & other

Yellow
Happy,Playful,Flexible,Original,Intelligent,Mindful,Social,Confidence,Ideas,Life positive

Orange
Creative,Artistic,Sensual,Expressive,Motivated,Urge to achieve & Succeed,Attractive,Charming

Red
Vital energy,Active,Passionate,Determined,Focused,Intensity of experience,Grounded,Manifestation,will

不思議な事が起こる街、バイロンベイで経験したオーラ診断は$29。
とってもいい思い出になりましたd(・∀<)
終ったら好きな天然石を一つプレゼントしてくれますfeel09
皆さんも是非お試しあれicon21

今度はもっとゆっくりバイロンベイに滞在したいな~。  


Posted by 小梅koume at 21:50Comments(3)ゴールドコースト編

2010年12月07日

GC旅行記「13」最東端の朝日

10月22日(金)icon01

豪人ブロガーのKさんが連れて行ってくれると約束してくれたバイロンベイ。
念願叶って、その日を迎えることができましたicon12
観覧車とQ1ビルもまだ眠る3:30AMにKさんと待ち合わせfeel18

Kさんの奥様と3人でまだ眠るゴールドコーストを出発しましたbusiness08feel17

シティからバイロンベイまでは車で1時間半程の道程となります。
以前は2時間以上かかっていたようなのですが、高速が整備され時間が短縮されたとのこと。

無事5時ちょうどにバイロンベイの最東端にある有名な灯台の駐車場に到着feel09
歩いて灯台に向かいます。
少しずつ見えてくる灯台。
なんだかおもちゃのようですね。

この建物はオーストラリアの最東端で泊まれる宿ということですicon25
1部屋借りのシステムだということなので、興味のある方は友達同士や家族で集まって泊まるといいかもしれませんねfeel01

朝日を見る為に集まった人達と共に、静かにその時を待ちました。

少しずつ顔を出す太陽にゆっくりと染められる空と海。

いつか必ず見ようと決めているブルームの「月の階段」nature21
一足先に、「太陽の階段」を見ることができました。

真っ白な灯台も、太陽に照らされてオレンジ色に。

空に昇ると共に力を増していく光と熱。
ものすごいエネルギーです。

灯台の近辺には、ボードウォークがあり、灯台がある場所をぐるっと回れるようになっています。

せっかくだから下までお散歩。
階段をどんどん降りていきます。
ビーチにも下りられるようですが、今回はパス!

所々に見える景色の説明が書いてある案内がありますよ。

時と共に光を強める太陽。
岩にぶつかって舞い上がる波が鮮やかに白く光ってまぶしいほどです。

時折ボードウォークをウォーキングしたりランニングしている人達とすれ違い、挨拶を交わします。
毎日こんなに綺麗な所を歩いたり走ったりしているのかな。
うらやましい。
ものすごいエネルギーをもらえる場所で運動できるんですからねfeel14
戻りは長く続く階段をがつがつのぼってKさん達と合流。
あ~気持ちいいicon12
最東端、制覇icon21

久しぶりのジャンプシリーズは灯台と一緒にpeople31

帰り道には南極に帰るクジラを見ることができました。
潮を吹いているのが分かりますか?
灯台に写る3人の集合写真。

Kさんはとにかく目がいいのか、集中力が違うのか、遠くのイルカやクジラをいとも簡単に見つけてしまいます。
まるでKさんに集まってくるようです。
歩いていても植物のことや、空や雲のこと、動物のことなど、どんどん話してくれます。
自然と一体になってしまうガイドさんには初めて出会いました。

そしてなんと言っても写真が本当に上手いっfeel20
ブログでも毎回感動の写真をUPしてくれていますが、今回ご一緒にいろいろ連れて行ってもらっている間にもたくさん素敵な写真を撮っていただきましたitem08icon12


Photo by Ksan

忘れられないオーストラリアの思い出がまた一つ増えました。
3人での小旅行はまだまだ続く・・・。

Kさんのブログは「こちら」  


Posted by 小梅koume at 19:59Comments(5)ゴールドコースト編

2010年12月01日

GC旅行記「12」ナイトサファリツアー

10月21日(木)icon01

この日の夜はゴールドコーストにある動物園「WILD LIFE CURRUMBIN SANCTUARY」に行くナイトサファリツアーに参加しましたbusiness07feel17

ケアンズでも参加したことのあるナイトサファリツアー。
ケアンズにいなくて、ゴールドコーストにいる動物。
それはタスマニアンデビルですicon12

写りが悪くて申し訳ないっす。。
2月にタスマニアに行くまで見れないだろうな~と思っていたら、なんとゴールドコーストの動物園にもいたんですfeel09
結構可愛い風貌なのになぜにデビル??
それは動物の死肉を食べたり、鳴き声がとにかく悪魔を彷彿とさせるような悲鳴のような鳴き声なんですfeel19
しかも見学中、仲間同士で喧嘩していましたicon05
仲が悪いのかなicon11
タスマニアでは野生のタスマニアンでビルをみるぞicon21

オーストラリアの動物園で大人気なのは、やっぱりコアラとの抱っこ写真ですよねanimal03

私はケアンズで抱っこ写真を撮ったことがあったので、今回はず~っとやりたいと思っていたワニ抱っこ(?)写真を撮影しましたitem08icon12

嬉しそうでしょう?(o-∀-)
子ワニはこの大きさで2~3歳ぐらいなんだそうです。
そう考えると意外に小さいなと思ったのは私だけでしょうか。

ツアーでは他にもいろいろな動物を見ることができました。
フクロウに。

わんこのように首に鎖をつながれたディンゴ。
ディンゴ「フラッシュまぶしいっす。。」
(・д・。) ゴメンネ
柴犬みたいですねanimal04

そしてなぜかカンガルー広場に居た世界で2番目に大きな飛べない鳥エミュー。

カンガルーは広場にた~っくさん居ました。

爬虫類館ではヘビに巻かれたりして遊ぶこともできますanimal35

ツアーでは、アボリジニの方々によるダンスショーも見ることができるのですが、かすかな光の中で鳴り響くディジュリドゥの音に合わせて踊るダンスはとても神秘的でしたnature21
更に、今までに見たアボリジニショーの中で一番若い踊り手さん達だったからか、動きにキレがあり、それはそれは激しいダンスでしたpeople31


このツアーの詳細を綴った体験記は「こちら!」

ナイトサファリツアーにご興味のある方は「こちら!」  


Posted by 小梅koume at 17:47Comments(3)ゴールドコースト編

2010年11月30日

GC旅行記「11」ヌードル&デザート

10月21日(木)icon02

連続で朝からツアーだったゴールドコースト旅行ですが、ちょっと中休みでこの日は夜のツアーということで、お洗濯などを済ませ、お昼ご飯を食べに行くことにしましたfeel17

向かったお店は、Chevron Renaissanceというショッピングセンターに入っている『Noodle Renaissance』ですicon28
お店はサーファーズパラダイス・ブルーバード沿いに面していますよbusiness08

店内はローカル風のお客様でいっぱいでした。
とってもヌードル腹だった私は、スタッフさんにオススメのヌードルメニューを聞きました。
すると、シーフードヌードルか、ローストダックのヌードルスープを薦められたので、私は後者($11.5)にすることにicon21
運ばれてきたのがこちら!

こちらのヌードル、めっちゃ美味しかったですicon12
さっぱりしたコクのある透明なスープが、細くて少し縮れた麺によく絡みます。
ダックも思ったよりたくさん入っており、味が染み込んで柔らかい!
お好みでチリオイルを加えれば、更にまた違った美味しさを楽しめ、汗をかきかきあっという間にたいらげましたfeel01
うん、麺のボリュームも文句なしっ!
お水ではなく、ホットよもぎ茶が出てくるのもさりげなく嬉しかったです。
(*´∇`*)

大満足でお店を後にした私は、デザートを買う為に『ABSYNTHE BAKERY』へfeel17

お洒落な店内には、キャリアウーマンが2人おり、テイクアウェイのケーキを購入しているようでしたfood18

こちらでもオススメを聞くとチョコレートに自信があると、このケーキをオススメされました!

確かに美味しそう(´∀`*)
しかしチョコレート腹じゃないんだな、これが。。(←なら聞くな)
どうしよう~。。

迷った末に「Fresh fruit tart($5.5)」に決定feel09

写真撮る前に切っちゃいましたw
お値段は高めですが、大きなタルトにとろとろのカスタードクリームがた~っぷり入っており、フルーツも文字通りフレッシュで美味しかったですよfeel11
でもタルト生地サクサク派の私としては、柔らかいタルトは残念でした。。

ゴールドコーストを歩いていると出会うこちらの鳥。

最初会った時、のしのしと歩くこの鳥に「でかっ(゜ロ゜)!」と驚いたものです。
鶴みたいだな~と思っていたらトキだそうです。
日本に少し分けてあげたいというぐらいいっぱいいます。

そして、ケアンズでは車の脇に付いているゴミ回収用のアームが、ゴールドコーストでは車の前の部分に付いていました。

しかも持ち上げるコンテナのサイズがまた大きいことっ(*゚0゚)ワー
あれは家庭用じゃなくて企業とか集合住宅用のサイズなのかな??
なんにしても大迫力でした。
なんだか田舎者(o-∀-)  


Posted by 小梅koume at 18:24Comments(2)ゴールドコースト編

2010年11月29日

GC旅行記「10」モートン島

10月20日(水)icon03icon01

曇り空のゴールドコーストを出発し、世界で3番目に大きな砂の島「モートン島」のタンガルーマ・リゾートに行って参りましたicon21

私が参加したのは「タンガルーマ・アドベンチャー」というツアーで、ゴールドコースト→ブリスベン→モートン島へのバスや船の往復送迎はもちろんのこと、デザートサファリツアーやソリ滑り、更にはイルカの餌付けなども含まれる充実のツアーなのですicon12

モートン島。
そこはそう、南国リゾートの島item09


モートン島は野生のイルカが見られる島として有名ですよねanimal02
エジュケーションセンターには、イルカの銅像が飾られています。


デザートサファリツアーでは、砂の道をものともせず走るバスのものっすごい運転で、体が何度も宙に舞うような激しい運転の中砂丘に向かいますbusiness07
着いた場所は一面の砂の世界!

サラサラの砂の丘を登るのってとっても難しいんですねicon10
勝手に砂漠に住み暮らす人たちを尊敬icon12
砂丘では少年(?)の心を取り戻し砂にまみれながらソリ滑りfeel17
友達と行きたかったな~。

海に沈み行く夕日を見ながらまったり。
あぁ、世界は美しい。


夜は船に乗るギリギリまでイルカとの時間を堪能feel01


本当に充実した1日となりましたfeel09
そのツアーの模様をた~っぷりの写真と共にお届けする体験記は「こちら」item19

「タンガルーマ・アドベンチャーツアー」にご興味のある方は「こちら」をご覧くださいanimal02  


Posted by 小梅koume at 18:12Comments(3)ゴールドコースト編

2010年11月17日

GC旅行記「9」欲張りゴールドコーストツアー

10月19日(火)icon01

朝から快晴のゴールドコーストicon12
少しゆっくりめのスタートとなる「世界遺産を訪ねる 欲張りゴールドコーストツアー」に参加しましたbusiness07feel17

このツアーの目玉の一つ、水陸両用車『アクアダック』animal26(←あひるがいなかったのでひよこ)


『アクアダック』でのクルージングとドライブは開け放しの窓から入ってくる風が気持ちよかったですfeel11

ガイドの杉尾さんことスギ様は、オーストラリア26年目という大ベテランのガイドさん!
目に入るもの全ての情報を知っているのではないかと思えるぐらい、いろいろな事を知っています。
体験記でお伝えできなかった情報をこちらで少しご紹介します( ´∀`)つ

クルージングでは最初にボートランプからシティーの方向へ向かって進みます。
その周りには高級住宅が並んでおり、家の裏口から桟橋が伸び、そこにボートが停まっているなんて事はザラなのですが、中には自家用ヘリコプターが停まっているところもあるんですfeel20

なんでもこのヘリコプター、2億9000万円もするそうですmark02
更に、1時間飛ばすのに10万円もかかるとか。。
どんだけリッチな人なんでしょうか(o-∀-)

そして、こちらの高層マンションの最上階に構えるお部屋は、なんと3億円mark02

更に、管理費が週に2万円!
私のシェアハウスの家賃はこのマンションの管理費よりも全然安い。。

船はUターンして、シーワールドの方へ向かうと、今度はたくさんの船が停まっているヨットハーバーのあたりを通ります。
そこに小さな海賊船がありましたfeel19

どんな船長さんだか気になります.。゚+.(・∀・)゚+.゚

『アクアダック』を満喫した後は、再度バスに乗り込みスプリングブルック山にあるルックアウトへ向かいますfeel17
ルックアウトからの壮大な景色は素晴らしかったですicon12
思わずテンションが上がってこんな所にのぼっちゃう程に(`・ω・´)ノ

29歳にもなって何をやっているのか。。
※よいこはまねしないでね

ペンションのようなレストランでは、のんびりとランチを楽しみミニホースのローレードくんに人参をあげましたanimal25

ちっさくて本当に可愛いかったな~(*´∇`*)
睫毛がばさばさ(●´艸`)

食後の森歩きでは、豊かな森の証とも言える減少を目の当たりにして感動!
これが何だか分かりますか?

豊かな森では、葉っぱが自然に還る前に分解され葉脈のみが残るのだそうです。

たくさんの感動をもらえた「世界遺産を訪ねる 欲張りゴールドコースト」ツアー。
でもこのツアーでたくさん感動できたのはガイドの杉尾さんのおかげだったと思います。
そして一緒に参加した新婚ホヤホヤの平松さん夫婦もとてもいい方々で、こちらまで幸せになるようなカップルでした(´∀`*)
素敵な出会いと感動体験を綴ったツアーの体験記は「こちら」からご覧いただけます(^∀^)

さらにガイドの杉尾さんの奥様が書いていらっしゃるブログもゴールドコーストで暮らすご家族の情報満載で面白いのでオススメです!
『杉尾家の食卓』
いつか豪人でもUPしてくださいね(・∀・)ノ

このツアーへのお申し込みは「こちら」から!  


Posted by 小梅koume at 17:42Comments(3)ゴールドコースト編