プロフィール
小梅koume
小梅koume
4人兄弟の3番目。次女という立ち位置を最大限に利用して自由な生活を満喫中。フィリピンやオーストラリアでの海外生活を通して、30歳からの人生の方向性を見極めるべく自分磨きをしながら邁進します!


オーナーへメッセージ

読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
QRコード
QRCODE
にほんブログ村 海外生活ブログ ケアンズ情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ人気ブログランキングへ

2010年06月30日

ケアンズ ラグーンBBQ☆

ある晴れた日曜日の昼下がり。
こう家メンバー6人が集まり、ラグーンでBBQをすることと相成りました。

ラグーンBBQに持ってきたほうがいいもの
☆油(焦げ付き防止ですね~)
☆キッチンペーパー(かなり重宝しますよ♪)
☆トング(お肉を焼く時に便利です)
☆まな板&包丁(意外に忘れがち)
☆コップ&お皿&お箸orフォーク(言わずと知れた)
☆アルミホイル(鉄板の上にひくと汚れ防止にもなります。蒸し料理にもOK)
☆ゲームor外で遊べる遊具(お腹がいっぱいになったら遊びましょう)
☆調味料&たれ&ケチャップ&マヨネーズ&冒険調味料(BBQを最大限に楽しむ為に)

一旦集合した後、私とToheiでウールワー〇まで足りない食材やお皿なんかを買出しに行きました。
ジェントルメンなToheiは荷物をほとんど持ってくれました。



優しさを見せたのに写真がぼけてしまった。。
どんまい!

買出しの際に見つけてしまい、私が大変盛り上がってしまったPartyには欠かせない(?)小さな袋がいっぱい入ったチップス袋をお土産に持っていくと、女性陣が喜んでくれました。



よかった~。

さー、準備準備。
さすが女子。
お手伝いはお手の物です。
こう家のホール3人娘です。




Aiちゃんがこちらの玉ねぎにひとめぼれ萌(♡´∀`♡)え




どうしても顔が作りたいと一工夫をしてできた作品がこちら↓



かわいい(。・ω・。)ノ♡
っというかこういう発想ができるAiちゃんがかわいい.+゚.+゚(o(。・д・。)o).+゚.+゚

ラグーンBBQの鉄板にスイッチを入れるTohei。
そのToheiのGayスイッチを入れるHiro。




まんまとGayの仲間入りをするTohei。



T「こ~いつ~。」
H「ちょ、後にしろよ!」

BBQの肉場はこう家のキッチン担当のHiro。
ソーセージを生でいっちゃうとは男らしいですね。



今回のBBQの主催者で、お肉の買出しやら準備やらを全てやってくれました。
ありがと~d(>ω<*)☆スペシャルサンクス☆(*>ω<)b
こう屋ホール女子に囲まれ上機嫌のHiro。



準備頑張ってよかったね(*^ー゚)b

サラダ場担当のToheiくん。
お野菜を切る姿が様になってますね~。



現在友達&彼女(もう彼氏でもいいのかも)募集中。
誰か彼を外に連れ出して差し上げてください。

私もいつもの無茶振りにこんなことをさせられました。
ざ・てれ〇じょ~ん♪



目を開けてない上になりきれてないので60点(-ε-)

それにしてもいいお天気。



昼間はまだまだ南国なケアンズです♪(o=゜▽゜)人(゜▽゜=o)♪るんるん♪

最近ブームのジャンプシリーズ撮っちゃえ。
そいやっ!



おぉ~。
いい感じ♪いい感じ♪ヽ(・∀・)ノ ワチョーイ♪

先程の約束どおり愛を育んでいく2人。



もう2人の愛を引き裂くことはできません。

お腹がいっぱいになったところで、指すまゲームを開始!
3ゲームして、ドベになった3人が勝った3人にデザートのアイスをおごることに♪
ゲームは白熱! このヤロー♪(*^∀^)=○;)○□○)ぐはッ




結果は・・・。
勝利のウィナーち~むd=====( ̄∇ ̄*)bイエーイd(* ̄∇ ̄)=====b



敗者のルーザーち~む〓■●_~□○0 幽体離脱




ウィナーち~むは美味しいクッキークリームサンドにありつけたのでありました(*´∀`*)ゞ

途中からAkoとTatsuも合流!



遅れを取り戻すかのように食べ続けるAkko。



その横で瞑想する私。



Tatsuキャメラマンは相変わらずのパパラッチぶり。



あ、みつかっちゃった。




でもいい写真も撮りますよ。




みんな仲良し~ヽ(・ε・)人(・ε・)ノ




放置プレイで1人BBQのAkko。
でもやっぱり食べ続ける。




やっとこさお腹いっぱ~い。
妊婦さんです。




今週日本へ帰ってしまうAiちゃん。
パーチーバックはAiちゃんにプレゼントしちゃいました。




同郷の彼女。
福岡に帰っても頑張ってね(`・ω・´)ノ



福岡に帰ったらからと市場いくぞ~!  


Posted by 小梅koume at 04:05Comments(7)『遊び』

2010年06月29日

KURANDA ROOTSに行こう!の巻き

K「キュランダでレゲエライブがあるらしいよ~。」
A「まぢで!行こう行こう♪」
K「でも$50するんだって。。」
A「そらだせんね。。なら雰囲気だけでも味わうか~。」
ということで決まったキュランダ行き。
キュランダは日本語読みで、本来ローカルの人はクランダと呼んでいます。





Akoの相棒に乗り、毎度お馴染みのAko&Tatsuと一路キュランダへicon16

まずは腹ごしらえ!
次にキュランダに行った時は絶対に食べよう!と思っていた有名なホットドッグ屋さん「German Tucker」に向かいましたicon28




何を食べよう♪



メニュー結構あるな。
よし!
じゃんけんでどれにするか決めようicon21
Akkoちゃん勝利。
2番手Tatsu。
残り物には福があるKoume。
A「そんじゃ~、私はKaseknackerにする。」
T「ほんじゃ俺はThuringer Bratwurst。」
K「んじゃ私はEmuにでいこう!」
と決定。
全て$5でございます。

看板の裏には日本語表記もありますし、店内にも日本語メニューがありますよ♪




人気商品のAkko&Tatsuドッグはすぐにできるとのことでしたが、レア商品のエミューが15分時間がかかるとのこと。
ドイツ気分を盛り上げるべく、ドイツのビール($6)を飲みながら待つことしばし。
K「Akkoちゃん、今日も髪型決まってるね~。」



本当に器用なこです。

店内の看板可愛いな。




まずはビールで乾杯!




お、きたきた~ワクワク♪o(・ω・o)(o・ω・)oワクワク♪



みんなで記念撮影。



ほんじゃいただきま~す。
T「俺はやらねえ。」
とすかしているTatsu。



エミュー。
かなり微妙・・・il||li▄█▀█●il||li
ホットドッグ対決はTatsuのも美味しかったのですが、Akkoの一人勝ちだったのでした。

通り道に露店を発見icon12



女の子達がすでにやってもらっていました。
興味津々のAkko。
彼女はきっと自分でやれてしまいます。



うわ~、可愛い!



こんな風になるのね。




T「やったらいいじゃん。」
女子の行動に理解のあるTatsu。
早速挑戦!



するするする~っとすごい勢いで編んでいくお姉さん。
プロですね.。゚+.(・∀・)゚+.゚

完成。




お次はAkkoちゃん。
それをパパラッチするえせキャメラマンのTatsu。



本当にあっという間に編んじゃいます。




Akkoちゃんも完成。




金額は$10と$15の2種類。
着けてもらうのに$3かかります。
これで2ヶ月もつのなら楽しめますね~(^∀^)

大満足で露店を後にした後、今度は通りがかりのお店に捕まる女子達。



こちらのお店には看板犬、その名も「KAWAII」が居ます。



とってもぷりち~です(*´∇`*)
お店に並んでいる商品はどれも魅力的なものばかり。
食べ物には惜しみないくせに、その他の物にはお財布を固く結んでいる私は、$10のtoe ringで我慢。



私自分の足の形きらいなので、少しはこれで愛せるかも。
あ、でも足の指開くのは自慢です。



爬虫類みたい(●´艸`)ヾ

当初の予定でであった「KURANDA ROOTS」は大人気で駐車場に車が止められなかったのでスルーε=ε=┏( ・_・)┛ すたこら
「Barron Falls」に向かいました。



はい、こちらで~す。



ボードウォークをくだっていくと・・・。
Lookoutがありました。



ん~。
ちと微妙。。

更に進むと・・・。
A「あ!キュランダ鉄道がきとう!!」
ものすごい勢いでつるつるのボードウォークを駆け抜けるAkko。
┣¨┣¨┣¨ヾ(゜Д゜ )ノ┣¨┣¨┣
妖精はすごいな~。
雨でつるつる滑るボードウォークでもこけないもんな。と見送る2人。

後発の2人も無事に鉄道に間に合いました。



こちらの列車は、世界の車窓からでも紹介されたんですよ~。



箱乗りだってできちゃいます。




おー。
あれがバロンの滝か。
水すくなっ∑( ̄ロ ̄|||)



よっしゃ近くで見るべと線路を歩きます。
もう列車通りませんからねー。



皆さん、頭にあの曲が流れているでしょう?
そう!
スタンドバイミーです♪



そりゃ~盛り上がって笛も吹いちゃったりします。
Tatsu的には牛若丸を意識したようです。



行っては見たものの雨で滑って危なそう。。



しょうがないので記念撮影して引き返すことに。




せっかくだから3人で撮ろう!とセルフタイマー。



全然ばらばら。。
ポーズ合わせようよ!



タイミングを誤るTastu。
かぶっとうし。。
次こそは!



お~、いんじゃなーい♪

キュランダはアーティストが多く住んでいる町でもあります。
ところどころにこんなオブジェが。
てすりに蛇



ごはんをがっつりかまきり




最後にLook outで滝を一瞥して。



帰路についたのでした。
当初の予定全然無視(★ ̄∀ ̄★)  


Posted by 小梅koume at 06:52Comments(5)『遊び』

2010年06月28日

ケープトリビュレーション旅行記 その②

アラームの音で目を覚ました。
うん。
二日酔い(´-ω-`)
夕日や朝日を見ようと日の出と日の入り時間を調べたものの、昨日は川にはまった為夕日を見逃し(お天気も悪かったが。。)、朝日は普通に見過ごした。。。

◎旅の予定表◎
14日(月)
☆ココナッツビーチ 日の出
☆8:00 ホースライディングツアー
☆PK's lunch タイ風カレー
☆ケープトリビュレーションビーチ&ルックアウト
☆ポートダグラスルックアウト
☆ハートレイズ・クロコダイルアドベンチャーズ(ポートダグラスとパームコーブの中間)$32
  13:00 ボートクルーズ
  13:30 クロコダイルファーム見学
  14:00 スネーク・ショー
  14:30 ボートクルーズ
  15:00 クロコダイル・アタックショー
  15:45 子ワニとの記念撮影
  16:00 ボートクルーズ
  16:15 カソワリーの餌やり
  16:30 コアラの餌やり

この旅の最大の目的となる「ビーチホースライディング」に参加する為7:00amに起床。
Akkoを起こして準備。
男性人は参加しなかった為起きずに爆睡○Oo。.@(-ェ-)@
集合時間の8:00amになった為、ピックアップ場所のフロント前に向かった。

寝不足&二日酔いでテンションの上がらない2人。
迎えの車の中で。
「ちょっとAkko。変顔してみてよ。」



「腹たっつわ~(。→ˇ艸←)」
「次、次」



「まじイラッとする~( ̄▽ ̄)ノ_彡☆バンバン!」
こんなことばっかりやっている。

PKから車で10分程のところにあるファームに到着。
看板犬ジャックラッセルテリアのジャッキーがツアー参加者全員に挨拶に来てくれた。



とってもフレンドリーなジャッキー。
しっかりカメラ目線なところが、彼のプロ根性を感じる。




受付名簿に名前を書き、その際に乗馬歴なんかを確認された。



私は専門学生時代に、1年間週1で乗馬の授業を受けていた。
Akkoも馬が好きで乗馬は得意である。
でも、私はかなり前の経験になるし、Akkoも今乗っているわけではないのでとビギナーのチームに入れられた。

早速乗馬講習。
乗り方や手綱の握り方、曲がり方などを習う。
それにしても生粋のカウボーイという感じのおじさんだな~。




「お嬢ちゃん、今日は1人で来たの?」



「あ、違った。Akkoだった(●´艸`)」




私の相棒はビリーという若い牡馬。
ビリーの後ろ頭。




まずはビーチに向かう為並んで歩きながら森を抜ける。



ケープトリビュレーションは、熱帯雨林と海とが一番近い場所として有名なのだ。
森を抜けるとすぐにビーチにでた。
念願のビーチホースライディング♪



とっても嬉しい.。゚+.(・∀・)゚+.゚



Akkoは本当に馬がすきだね~。




ビーチでは軽早足に加えて駈歩でも走った。
念願の暴れん坊将〇体験である-=≡Σ(((⊃゚∀゚)つアヒャー

ビーチを馬で爆走した後は、海をバックに記念撮影。




ビーチを満喫した後は、熱帯雨林の森を馬で駆ける。
途中小川を渡ったりもする。



森を馬と歩けるなんて、なんて幸せ(。-∀-)ニヒッ

途中川原近くのバラックで小休憩。
マンゴージュースが体に染み渡る。
朝ご飯を食べていない私達はポテトチップスをもりもりいただく。
(ω・@)イタダキマス

川原での1枚。




ビリーと。
途中からとっても眠そうだったビリー。
目がしょぼしょぼW


カウボーイさんと記念撮影。




ビーチホースライディングに大満足し、二日酔いも抜けきった私達は待ち合わせ場所の車に向かうと、優雅な朝ご飯を食べて満足げな男性人と合流した。
ベーコンエッグトースト。



美味しそう。
お腹すいたな~。。

携帯が圏外の為連絡が取れないと思った2人は、どこへも行かずに車で待っていてくれたらしい。
なんて優しい( ノω-、)

合流して、せっかくなのでPKの近くにあるビーチに遊びに行こうということになった。




ボードウォークを抜けるとビーチに出た。




海が広いのか、Akkoがちっさいのか。
いや、海がおっきいのだ。




ここでも私の無茶ぶりは続く。
「ちょっとみんなでジャンプしてみてよ。」
3・2・1!



飛ぶね~♪
「んじゃあ、私も入れて入れて!え?1人で??淋しくない!?でも負けるか~!」




「次あれあれ!恋人がやるやつ!!あははははってやつ!!!」
「Akkoかけられて!2人がかけてやって!!」



爽やか爽やか(●´艸`)ヾ

お、なんだかいい感じの2人。




「Akko、手上げて!Hiro覗き込んで!!」
「あ、流れ星!」
「ほんとだ」




「次、ゲイカップル!ゲイカップル!!」



ん~、ちょっと違う(・д・ = ・д・)
もうやりたい放題ヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ

こうしてお宿PKをあとにしたのでありました。




朝ご飯を食べていない私とAkkoは驚きの空腹感を感じており、ご飯が食べたい!と昨日閉まっていた「Cafe on Sea」にリベンジをしに。
お客さんが結構居たのでかなりまたされた私達。
「まだこないの?」




「8番なんですけど。」



あまりの空腹に不機嫌になっていくAkko。

「あ!きたきた!(助かった~)」
危うくAkkoが暴れだすところだった(;´艸`)ぁぁぁ




お腹いっぱいになったらデザートだ!




アイス4種類でこのボリュームなら$5はいいね~♪




美味しいです♪d(´▽`)b♪オールオッケィ♪




こうして私達の旅は終わった。




それにしてもまったくもって予定表通りにいかない旅だった。
(結構作るの頑張ったのに。。)
雨は降らなかったけどお天気には言うほど恵まれず、曇っていたり、肌寒くて泳げなかったり。
夕日も星空も朝日も見れなかったし。
でも楽しかった~。
きっとメンバーがよかったんだな。
笑いあり、涙あり、ハプニングありの1泊2日旅行。
このメンバーで来れてよかった。
さて、次はどこへ行こうか?( =①ω①=)フフフ

Fin  


Posted by 小梅koume at 04:38Comments(3)『旅行&ツアー』

2010年06月27日

ケープトリビュレーション旅行記 その①

「ごめん、一緒に行くやつが行けなくなった。でも大丈夫。別のやつ誘ったから。その代わり、出発時間が遅くなっても大丈夫?」
そんな出発前日の夜のHiroの電話から私達の旅は始まっていた。

これから語られるのはケアンズケープトリビュレーションを旅した男女4人の旅の物語。
かなり長くなることが予想されるので、お時間がある時に読んでください。
一緒に旅をしている気持ちになっていただけたら嬉しいです。

☆登場人物☆

Ako
同じ福岡出身の女の子。
「最近のマイブームは何?」と問われれば、私は「Akko」と答えている。
彼女で軽くご飯は3杯いけるという程、観察すると面白い。




Hiro
初の東北出身の男友達。(確か岩手。。)
こう家の同僚で、笑顔の素敵な三十路越え男子。




Tatsu
この旅で急速に仲良くなった北海道出身の男の子。(でも黒い)
旅に加わったのがTatsuでよかったと心底思わせてくれる賢い子。




KoumeことMegumi
福岡出身の28歳。
この旅の添乗員。




Akoの相棒
Akoとウルルへの旅を果たした戦友。
今回の旅も、彼にとってかなりの試練となるのである・・・。




◎旅の予定表◎
13日(日)
☆7:00~ ケアンズ出発
☆8:00~ レインフォレストハビタット 朝食&園内散策
☆10:00~ コアラ撮影
☆12:00~ 昼食後移動
☆モスマン渓谷
☆フェリー(往復$20(6:00~Midnight)4day freepass有
※フェリーからケープまで約50分(約45キロ))
※ポートダグラスからケープまで約90分
※モスマンからケープまで約70分
※ケアンズからケープまで約2時間15分
☆ディンツリー国立公園内にある展望台(アレクサンドラ・ルックアウト)
※ケーブルフェリーから車で10分
☆デインツリーディスカバリーセンター(キャノピータワー)$28
☆ソーントンビーチ&Cafe on sea
(☆ディンツリーアイスクリームカンパニー 11am-5pm)
☆ケープトリビュレーションストア ボトルショップ&カフェ
☆PK's Jungle Villageへ
※Jungle Bar
12:00am~12:00pm happy hours 6-7pm 8-9pm

早速旅の予定表から計画変更となった旅の始まり。
お天気が良くて朝からテンションの高い私。



Tatsuが朝仕事があるというので、10時半にひろうことになった。
そこで、3人は9時に集合して買出しに向かった。
旅行での醍醐味はやはり無茶振り写真である。
「とっても楽しそうに買い物して!」という私の要望に応える2人。



ちなみにコール〇内。
うんうん、楽しそう♪

時間になりTatsuを迎えに行く。
私とAkoは初対面のTatsu。
旅に欠かせないのは気の合う仲間だからとっても重要なメンバーになりうるのだ。
Tatsuをひろう際に私は「私達に向かってヒッチハイクをしろ、ヒッチハイクをしろ」と言っていたら本当にしてくれたので、その瞬間に私はなんだか仲良くなれると確信した。
旅行でテンションが上がる3人に(内2人は初対面)仲間入りし、会って30分も経っていない私の「とっても楽しそうにして!」という無茶振りにこんな風に答えてくれるこは早々いない。




とってもドライブ日和のお天気。




運転手はAko。



車は一路ポートダグラスへicon17
腹が減っては戦(旅)はできぬと、ひとまず「IRON BAR」で昼食を食べる事になった。



食べたメニューは「こちら」
お昼からビールを飲みながら美味いものを食らうという旅の醍醐味を満喫し、お次はモスマン渓谷へ!
途中のレストランでサックスの生演奏があっていたので、写真を撮ろうとかまえると、撮影に加わる2人。



格好いい演奏が台無し( ̄m ̄*)

ポートダグラスから車ですぐのモスマン渓谷。



森&川好きにはとっても楽しみなスポットだった。
早速探索開始icon21
綺麗な小川に。



豊かな森。



妖精でもいそうだな~と思ったら発見した(*゚ロ゚)ハッ!!



森の妖精コロボックルである。
脅威の跳躍力w



「生きててよかった」
まさにその通りである。



のびのびと小川を満喫する私達を撮影するえせカメラマンのTatsu。




この森でも私の無茶振りは続く。
大きな岩を見つけてテンションが上がる4人。
「ちょっと、住んでみて!くつろいでみて!!」
という私の要望に応える3人。



「んじゃ、2人で持ち上げるから撮って撮って!」



「そんじゃ、指1本で持ち上げてみて!」



楽しい( ̄▽ ̄)ノ_彡☆バンバン!

「ちょっとTatsu!岩登ってみて!登ってみて!!」
(会っておよそ3時間程の仲)



「気合いが感じられん(-ε-)」と不満足気に一蹴する自分勝手な私。

素敵な一休みポイントを発見しては。



あの浅瀬がハートに見える!
「ちょっとちょっと!あの上で引き裂かれた恋人風にして!」



「いいねいいね~。写真集に使えるよー。」




「あ!木がある!登れる!!」



「木にとまるけん撮って撮って!!」



「もうちょっと近づいたら?」



とっても楽しそう(●≧艸≦)゛

本当は泳ぎたかったけど、今回は足をつけるだけで満足♪



この旅ただ1枚の集合写真となりました。




運転手交代で目指すはソーントンビーチ♪



ソントンビーチ入り口にある「Cafe on Sea」でお茶とデザートを楽しむ予定が、モスマン渓谷ではしゃぎすぎカフェのキッチンが閉まってしまっていた。。
そこでビーチへ向かう4人icon16
「あ、なんかある!」
うぇ~い((((((((((っ・ω・)っ



「次Akko!Akko!!」
ためて、ためて~。



え~い!
軽くフレームアウト。



もう大はしゃぎワーイヽ(゚∀゚ヽ 三 ノ゚∀゚)ノワーイ



自分が遊びながらもカメラを手放さないプロ根性丸出しのTatsuキャメラマン。




「ちょっとAkko。砂に名前と日付書いて!」



その要望に期待以上のものを創りあげていくAkko画伯。



完成。




「すごい!ちょっと運転してみて!!」



楽しすぎヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ

パパラッチ張りに皆を盗撮して回るTatsuキャメラマン。
「ちょっと、すいません。プライベートなんで・・・。」




なぜか横笛を奏でるHiroとそれに合わせて舞を舞うTatsu。




さ~て。ビーチも満喫したし、宿に向かうか~!



フェリーで川を越え、一路その日のお宿となる「PK's JUNGLEB VILLAGE」へ!

しかし走れど走れどお宿は発見できず、道はいつしかオフロードに。。
「こんなに離れてたっけ?」
そういいながら進むと目の前には川が。。。
「これ渡るの・・・?」
「渡るしかなくない?」
浅いところを探って進んでみたものの。



がっつり埋没。
一生懸命脱出を図ろうと試みているTatsuを横目にばっちりカメラ目線のAkkoとHiro。



前へ後ろへと車を動かし脱出を試みるもどうにも前に進めない私達。
どうしようかと途方にくれているとオージー夫婦登場。
「調子はどうだい?どこに向かってるの??」
「No~!PKに向かってるんです。」
「PK?通り過ぎてるよ。Hahaha」
(゜ロ゜)ギョェ
通り過ぎてた~(/TДT)/

その後裸足で車をおりて快く私達の車を押してくれたオージーのおじさん。
パワーが違いますicon09
おじさんの力を借りて一気に脱出した私達。
おじさん、このご恩は忘れません(TДT)

やっとこさ到着したPK。
あたりは真っ暗でした。
お部屋に荷物を置いて早々にPKのレストランにて夜ご飯icon28












美味しい料理とビールが体に染み渡ります。
オイシ━━。+゜(*´>艸<`*)。+゜━━イ!!
食後お部屋でまったり&お風呂に入った後はTHE JUNGLE BARでビリヤード対決!
☆ワ-(ノ。・ω・)八(。・ω・。)八(・ω・。)ノ-ィ!!!




悪そうなAkko&Hiroチーム
子供にはお見せしないでください。




とっても爽やかなMegumi&Tatsuチーム
ふゅ~じょん!




試合も盛り上がり、更に国際交流もあり、PKの夜を満喫したのでありました。




星が綺麗だという事で、旅行の日にちを新月に合わせたのにも関わらず曇りで何にも見えなかったケープトリビュレーションの夜。
まったくもって旅程表とは異なる道中になりましたが、内容の濃い1日となりました。

その後3:30AM過ぎまで飲み明かし気絶するように就寝(ー3ー).。oO

その②へ続く。  


Posted by 小梅koume at 05:57Comments(1)『旅行&ツアー』

2010年06月25日

銀太の巻☆

私は無類の犬・猫ずきである。
というか人間を含めた動物が大すきなのである(-ω-*)
でも虫は苦手。。
体に身がついていたら大丈夫!
(この基準はとっても分かりやすいのになんだそれ!とよくいわれる。納得いかない。)

小学校4年生の時に、1頭の犬をきっかけに将来獣医になりたいと思った時から、自分は動物に関わる仕事をしたいと想い続けてきた。
ここらへんは長くなるので、今後ぼちぼち紹介していくことにしよう( ̄ー ̄)ニヤリッ

最終的に落ち着いたペット雑誌『犬吉猫吉』というペット雑誌の仕事。
そこのクライアントさんであったキャットブリーダーさんからいただいたのがスコティッシュフォールドの「銀太くん」である(=゚ω゚)ノニャーン♪



この写真は雑誌の取材の時に撮影したもので、あまりの可愛さに私が「可愛い!」を連発していると「小梅さんにもらってもらえるなら、きっと幸せになれるから」と言われていただいたのでした。
家族を迎え入れる時は、やはり1人で決めることはできないと一旦返答を待っていただいたものの、私は確信していた。
この写真を見せれば必ず受け入れられると<(*ΦωΦ*)>ニャハwww

家族会議を終え、やはり家族に迎えられることがすんなりと決定し、銀太は家族になった。
家族に迎え入れたらまず何をするのか。

そう、それは名前をつけることである。
私と姉は銀太を見た直感で「銀次しかない!*:゜☆ヽ(*’∀’*)/☆゜:。*。
と盛り上がっていた。
しかし、母こと文子が「銀次は悪そうな名前だから、そんな名前にするんだったら銀太がいい!(´・д・`)ヤダ」と断固反対。
なんでもスリの銀次というイメージがどうも払拭できないらしい。
やはり時代か。。

そこでmixiの日記にて動画をUPし、マイミクさんに『銀次vs銀太』で名づけ投票を行なったのである。
その動画は「こちら」
結果はなんと奇跡の1票差で銀太の勝ち!!
文子大喜びヾ( ̄∇ ̄=ノ バンザーイ♪

そうして晴れて銀太と名づけられたのである。

寝るこは育って・・・。




立派なスコティッシュフォールドの男の子へと成長致した銀太。
(後ろの小梅の顔の不細工なことw)




長毛の銀太。
毛が最大限に伸びてくると毛づくろいがとっても大変そう。。
そしておっきいのをした後に、そのまま毛にくっつけて出てきてしまい、それが家の床に転がっていることが多々あるらしく、数日前にも、母文子からメールが来たと思ったら・・・。

タイトル ぎ銀太のウン〇を
本文 ふんじまっただよ(゜ロ゜)ギョェ

という内容だった。
これから日本は夏にもなるし、銀太のライオンカットは彼にとって免れられない一大イベントになるのであった。

前回のライオンカットの写真がこちら。



望まないライオンカットを強要され不機嫌な様子。

でもやっぱり慣れてくると快適なのか・・・。



こんな格好で寝ちゃうぐらい楽らしい。

最近姉からこんな写真が送られてきた。



「頭隠して尻隠さず銀太」




「姉の愛息子のイスに無理やり座る銀太」
(決して快適そうではない)

うんうん、元気そう( =①ω①=)フフフ
女だらけの小梅家にてただ1匹の男の子。(術後ですが)
そんな小梅家を守って欲しいと心から願っている小梅なのであった。  


Posted by 小梅koume at 05:08Comments(5)家族のこと

2010年06月24日

ケアンズ グリーン島&アウターリーフツアー舞台裏

先週日曜日はグリーン島&アウターリーフツアーに参加しました( ´∀`)
ツアーに参加するとは言えど、そこはツアーの体験記などを書いたりする為の取材も兼ねている為、表向き写真(体験記用)と裏写真(自己満足の楽しみ用)とあるわけでして(●´艸`)

こちらのブログを読んでいただいている方のみに、その舞台裏写真を少しご紹介したいと思います(✪ฺܫ✪ฺ)

私小梅とスタッフAちゃんは8:30にケアンズの港をグリーン島へ向けて出発しました

グリーン島で楽しむと言えばやっぱりビーチ。
ビーチに張ってあるビーチバレーのネットを見れば、やっぱりバレーの選手ぶってみることは回避できないわけで。



小・中・高とバスケで鍛えた跳躍力を駆使した会心の一作です。

不思議な形をした木を見つければ、登らずにはいられません。
こちらは体験記用の爽やかな1枚。



いや~、自然を満喫している姿が見る者を爽快な気分にさせる1枚です。

それじゃ~今度は、お互いにソロ写真を撮り合おうということになり、先攻のAちゃんはこんなポーズを。



カワイイですね~(。→∀←。)
私はまちがいなくおさるだと思ったのですが、本人いわくオーストラリアを代表する動物コアラだそうですw
そこらへんの判断は皆様の感性にお任せしたいと思います。

さきに登られちゃったのでネタがすぐに思いつかなかった引き出しの少ない私は・・・。



いや~、イラっとしますね。
自分なりにモデルぶってみたのですが痛い感じの仕上がりになってしまいました。

グリーン島には有料では入れる施設があるのですが、そこには数々の個性的な展示物があり、それはそれは記念撮影ポイントの宝庫でした。
友達の写真を撮る際に無茶ぶりをするのが大好きな私は、Aちゃんにもとにかくいろいろな注文をつけて自分が楽しみます((●≧艸≦)

お土産屋さんでは、セレブ風のサングラスを見つけそれをAちゃんにかけさせマダムぶらせたり。




Aちゃんがよくしている髪型とかぶっている展示物を見つければ、同じ髪型にさせて隣に立たせたり。




Aちゃんがワニの剥製に食べられたいと言ったらもちろんその要望に応え。




貼り付けられっぱなしのワニさんの心を癒すべくチューをしてさしあげなさいと促し遠近法を駆使してこんなに和やかな1枚を撮影したり。




せっかくだから私も展示品と同じポーズをしてみたり。(かなりの勢いでぼけてます。。)




Aちゃんのカメラテクと的確な指示のもと、恐れ多くも美しいマーメイドのおっぱ〇を触ってみたりしてツアーの思い出を深めていったのでした。




こちらのオブジェにはスタッフのどんな意図が含まれているのかがとても不思議になり・・・。
このオブジェの意図はそろそろ世界の七不思議にでも加えられるのやもしれません。



ニモ危機一髪ですね[壁]・。)
サメの無表情な顔にニモの笑顔がとってもアンバランスな作品です。
彼らはこのように飾られていったいどのような気持ちなのでしょう( ̄ェ ̄)

そんな風にして、思い出にスパイスを加えつつツアーを満喫してきた小梅とAちゃんなのでした。

子ワニさんも触りましたよヽ(・∀・)ノ




ツアーの一部始終をご覧になりたい方は、是非後日UPされます『体験記』をチェックしてくださいねΣd(´∀`)

ご予約のお申し込み&ツアーの詳細は「こちら」をご覧ください♪
  


Posted by 小梅koume at 00:48Comments(6)『旅行&ツアー』

2010年06月21日

ケアンズ ナイトズー☆

先週の火曜日に、サザンクロスタイムス7月号に掲載する記事の取材の為に『どきどき!ケアンズ動物園ナイト』ツアーに参加してきましたicon16





まずはお食事icon12



焼きたてのオージービーフ.。゚+.(・∀・)゚+.゚

こちらのツアーではたくさんの夜行性動物を見たり、触れたりすることができます。

まずはポッサム。




大きなカエルを触ったり。




ふくろうとバンデクート観察。







のしのし歩くコアラを観察したり、触ったり。




蛇を持ったり。




大迫力のワニショーを見たり。




カンガルーにご飯をあげたり。




演奏に参加したり踊ったり♪







最後にはウォンバットにまで触れちゃいます。




詳しい内容は後日UPされます『体験記』で!

ツアーのお申し込みは「こちら」から♪  


Posted by 小梅koume at 20:46Comments(3)『旅行&ツアー』

2010年06月20日

Seasick。。




船酔いしました。

酔い止め薬のんだのにな~。




今日のツアーはお天気に恵まれませんでした( ノω-、)
でも楽めることは、楽しんだ!

詳しい内容は、後日『体験記』icon12

それにしても気持ち悪い。。
今日は寝よう○Oo。.@(-ェ-)@  


Posted by 小梅koume at 19:00Comments(2)『旅行&ツアー』

2010年06月19日

ケアンズ マリンスポーツ♪

今日は朝からいいお天気icon01
マリンスポーツをするにはとってもいい日でした♪




朝からハイテンションicon14

しょっぱなはジェットスキーicon16




スピードMAXの50キロを出して爆走♪



おかげでお気に入りのサングラスを海に寄付。。

いたずらっこをそのまま大人にしたようなツアー会社の社長スティーブ。



日焼け止めのペイントをして記念撮影。

お次はパラセイリングicon20




ぐんぐん上昇♪




最後にバンパーチューブライド♪




お決まりの海に落下w




明るく楽しいスタッフさんと共にマリンスポーツを満喫できました.。゚+.(・∀・)゚+.゚




詳しくは『体験記』をご覧くださいね(。・ω・)ノ゙

マリンスポーツの予約は「こちら」から♪  


Posted by 小梅koume at 16:06Comments(3)『旅行&ツアー』

2010年06月18日

社長達との夜





『別れようか・・・。』
「そ、そんな・・・。」

そんな声が聞こえてきそうなこちらの写真。
けしてそのような色っぽいものではなくヽ(・ε・)人(・ε・)ノ

サザンクロスのドンとこう家のドンは大の仲良し。
1日に何度も電話をしあい、愛を確かめ合うほどの仲(語弊があるかな。。)

サザンクロスで働いた後、こう家で仕事をしていると、サザンクロスドンがこう家に来店。
「今日は仕事あがりにUさんとうちに来いや~。」
とお誘いを受け、こう家ドンのUさんと一緒にKさんのご自宅にお邪魔することに。

サザンクロスドンのKさん。
Kさんの住んでいるマンションはケアンズで一番夜景が綺麗に見えるお部屋です。
私とKさんの息子のSくんも含め、男同士(?)でベランダにて夜景を見ながら1杯飲むと、そら~幸せな気分になります.。゚+.(・∀・)゚+.゚

オーストラリアではビールを飲む時に冷えを保つ為にスタビーという入れ物にいれます。
Kさんが持っていたスタビー。
めっちゃ可愛いっす(*´∇`*)



でかいw
なんだかシュールな表情のしろくまくん。

下からも撮ってみる。



笑ってますw

おつまみは、Sくんお手製の2品。
ドライフルーツの入ったチーズとハムの盛り合わせ。




カニかまチーズ&マヨネーズ。




どちらも美味しかった♪
Sくんは男の子で15歳なのに、てきぱきとおつまみの用意をしたり、お片づけをしたりします。
Kさんの言うことも素直によく聞くいいこです(´∀`*)
Sくんいろいろありがとう!

Sくんが寝てしまった後はディープな大人の時間。
こちらではお紹介できないような、あんなことやこんなことを・・・。
というほどのことでもないですが、男同士(?)の会話を楽しんだのでした。

最後にドン’sのLOVE写真をば。




未来を見据えている社長達の後姿です。
なんだか負けた。。  


Posted by 小梅koume at 15:56Comments(2)『遊び』