プロフィール
小梅koume
小梅koume
4人兄弟の3番目。次女という立ち位置を最大限に利用して自由な生活を満喫中。フィリピンやオーストラリアでの海外生活を通して、30歳からの人生の方向性を見極めるべく自分磨きをしながら邁進します!


オーナーへメッセージ

読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
QRコード
QRCODE
にほんブログ村 海外生活ブログ ケアンズ情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ人気ブログランキングへ

2011年02月28日

MEL旅行記「9」Bridge Road☆

2月5日(土)icon01

ロイヤルアーケードから一路フリンダース駅へ向かいますfeel17

Frinders Station(フリンダース駅)から48か75のトラムで約10分程の場所にある、Richmond(リッチモンド)の「Bridge Road(ブリッジ・ロード)」に向かう為ですbusiness14

途中可愛らしいお店が軒を連ねており、1軒のカップケーキ屋さんに2人の目線は釘付けにicon12

キタ━━━━(*゚∀) (∀゚*)━━━!!!!!


「The Cupcake Bakery」でスウィーツを楽しむことにして、1人1個すきなカップケーキを選ぶことにしましたfood18

私はチョコレートのカップケーキがよかったので「Molten Chocolate」をfood23
Shotaは違う雰囲気のやつにしようと味のよめない「Red Velvet」にnature15
早速店内に入り注文icon21

小さなテーブルが3つある小さなイートインスペースもあるので、食べていくこともできますよicon28
その際はお皿に入れてくれますfeel01

お値段は2つで$8.3でしたmark02
お味はですね。
ほんっっっっっとに甘かったです~(´∀`*)
Shotaが腹の立つラブリーポーズをきめてしまうほどに【#・∀・】イラット

カップケーキの甘さもさることながら、上のクリームは砂糖のザラつきを感じるほどの強烈さicon10
上のクリームを全てShotaに食べさせ、地味に「Red Velvet」のケーキ部分を食べて満足(-∀-。)モウイイ

甘さに満足した私達は、お次は「LOAD OF THE FRIES」にfood27

Shotaが選んだのでよく分かりませんが、恐らく「Belgian」ソースだったのではないかと。
ポテトがホクホクでしたし、タルタルソースのようなマヨソースがバッチリポテトに合って美味しかったですよ~feel11
金額は、このカップ入りで$3.95ですmark02

お腹も満たされた所でフリンダース駅からトラムに乗ってブリッジ・ロードに向かいますbusiness14
お、この子は将来美人になるぞ~(o-´ω`-)ウムウム
(かなりのおっさん目線)

このブリッジ・ロードは一つのストリートに様々なセレクトショップが集まっているというショッピング好きには堪らないスポットなのですicon12

自分のお買い物と、いいお土産選びに出発icon21
お~。
なんだかスーパーさえもお洒落icon12

次から次へとお店に入り、日頃のショッピング欲を埋めていく私。
ワーイヽ(゚∀゚ヽ 三 ノ゚∀゚)ノワーイ
Shotaはスニーカーを探して奔走feel17
お~、可愛らしいブーツがお洒落に陳列されているfeel09

Shotaが話すブランド名がちんぷんかんぷんです(。-`ω´-)ソンナノハシラン
そんなブランド名よりも、私は犬がすきなのですanimal06
(●´艸`)モフモフダー

あんだけワイワイと見て回ったのにも関わらず、結局何も買わなかったicon11
今後の旅程を考えて、無駄遣いしないように財布の紐を固く引き締めているのでしょう(。-`ω´-)セツヤクセツヤク
帰りのトラムの駅のお隣で、お仕事中のお兄さん2人組がいましたfeel14
信号待ちをしている車に駆け寄り、フロントガラスを拭いて$1をもらうというサービスbusiness08

Shotaとざっと頭で計算して、意外に稼げるのかという気にmark02
さてさて、Cityに戻りましょ~feel17

この吊り革、1回片っぽずつをローカルの人と一緒に持ったのですが、非常に持ちづらかったですicon11  


Posted by 小梅koume at 07:43Comments(3)メルボルン編

2011年02月27日

シドニー旅程☆

バレンタインの時にいただいた一輪のバラnature15
バッチリドライフラワーになりましたfeel11

湿気の多い雨季のケアンズでもドライフラワーにはなるんですね~icon12
当たり前か。。

さて、前回メルボルン&タスマニア旅行に行った時に、前日に旅程を発表してしまったばっかりに、いただいたアドバイスを旅行にほとんど反映することができなかった事を反省し、今回は出発3日前に旅程を発表してしまいますfeel09
これで、柔軟に旅程変更可能icon21
.。゚+.(・∀・)゚+.゚ドシドシアドバイスマッテマース

今度の飛行機はジェット〇ターさんですnature22
波乱はあるのか(-∀-。)


3月2日(水)
シドニー13:15着icon20
宿へ移動build06
City内散策feel17
夜は火鍋会に参加feel01

3月3日(木)
「イルカウォッチング&大砂丘とワイナリー」ツアーに参加animal11business16business07food03
夜は「木パブ」参加food42

3月4日(金)
マンリー&ノースヘッドitem09
タロンガズーanimal03

3月5日(土)
パディントンマーケットfeel17
マルディグラパレードevent02

3月6日(日)
ロックスマーケットfeel17
サーキュラー・キーicon19
オペラハウスicon12
ロイヤルボタニックガーデンnature06
ハーバーブリッジfeel09
そしてその周辺

3月7日(月)
未定
気になっている場所
〇ダーリング・ハーバー
〇フィッシュマーケット
〇チャイナ・タウン+マーケットシティ
〇キングス・クロス
〇ボンダイ・ビーチ
〇ワトソンズベイ&サウスヘッド&ギャップ
金曜日のお天気が悪い場合は、マンリーを月曜日へ移動mark15

3月8日(火)
「世界遺産“充実”ブルーマウンテン ルーラの街散策コース 」ツアーに参加business07

3月9日(水)
シドニー15:20発icon20

まだまだやんわりとしか決まっていませんね~(。-`ω´-)
ということで、そんなとこ行かなくてもいいよ!
こっちのほうがいいと思うけどな~。。
このレストラン&カフェやばいっす!
小梅さんには、是非ともココにいってもらいたいもんですな。
な~んて情報があればドシドシお寄せいただけると嬉しいですfeel01
Σd(´∀`)オネガイシマス

軽いフットワークで動けるように頑張りますよ~icon16  


Posted by 小梅koume at 10:17Comments(8)シドニー編

2011年02月26日

MEL旅行記「8」The Royal Arcade

2月5日(土)icon02

下調べをして行きたい!と思った「The Royal Arcade」に向かいますfeel17

ロイヤルアーケードは、1869年に建築が開始され、1870年にOPENしたメルボルンでもっとも古いショッピングアーケードなんだそうですfeel09

先日ご紹介したがま口財布の場所からすぐの入り口から入ると、白と黒のチェックのフロアーが印象的なアーケードに入りますicon12

なんてお洒落で可愛いらしい空間.。゚+.(・∀・)゚+.゚ステキー

どこぞのスタッフさんの笑顔も爽やかですΣd(´∀`)イイネ

こちらは珍しいマトリョーシカ専門店の「Babushkas」feel09

ロシアの民芸品で、どんどん開けていくと最後まで小さな人形が入っているという不思議な造りなんですよ~(-∀-。)
日本で働いていた雑誌社の同僚にマトリョーシカが大好きで集めていた人がいたな~(・∀・。)
このお店に連れてきてやりたい(●´艸`)キットヨロコブダロウナ

そしてどうしても見逃せなかったのがこちらの怪しげな魔法&魔術専門店『SPELL BOX』event03
不思議な雰囲気で、中に入るとお香の香りが漂っています|・ω・*)ドキドキ
店内には怪しげな占いグッズや、天然石item16
おまじないに使う道具などが並んでいます item76

マスクまで∑( ̄ロ ̄|||)カッテニダメデショ
なら私もつけちゃお~(-∀-)チョットヒカエメニアテルダケ

不思議そうに店内を物色する私達を見つけたお姉さんがとっても優しい人で、お店の見所を次々と紹介してくれますfeel09

まずはこちらの占いpeople31
なんと金額の規定はなく、好きなコインを入れてくれればいいとのこと。
丁度持っていた20¢コインを入れて早速順番に挑戦icon21
目をつぶって集中して、ハンドルを回しますfeel17

そしてお次は私が。。
そして結果は・・・。
奇跡的に2人とも一緒の場所に止まり、まったく同じ内容を引くことにicon10
(゜ロ゜)ソリャナイヨー

結果をスタッフのお姉さんに見せると、いいのを引いたわね~♪と言われました。
なんでも2人は選択の時期にきているということです。
古いものから新しいものへと変化をする為の大切な時期らしい。
確かにそんな時期なのかも(。-`ω´-)

そしてお次にお姉さんが薦めてくれたのは、こちらの恋愛のおまじない。

なんでもメモに2人の名前を書いて壷に入れるのだとか。
あの、カップルじゃないんですけど( ̄乂 ̄)マッタクモッテチガイマース
2人で旅行してたらそう見られても仕方がないのか。。
まあいいやとノリで入れちゃいましたfood16ナンテラブリー
(゚∀゚)(゚∀゚)アイガメバエルノカシラー

イケメンお兄さんが飴を作っているからか人だかりができているお店の前。
なぜかとってもカメラ目線のおじさん。
おじさんを撮りたかったわけじゃないのよ~(o-´ω`-)

すかさず店内にて再度撮影item08icon12

可愛いらしいキャンディーはお土産なんかにも喜ばれそうですねicon27

そしての恐い顔をしたおじさんは、ロイヤルアーケードの守護神Gog & Magog(ゴグさんとマゴグさん)さんだそうです。

おじさんじゃなくて守護神だったんだ。。
どっちがゴグさんでどっちがマゴグさんなんだろう(。-`ω´-)キニナル
なんでもこの2人は、Gaunt's Clockを15分おきに鐘を鳴らして時を知らせてくれるらしいのですが、私はそうとも知らずに見逃して(聞き逃して?)しまいましたicon11
残念icon15
今度リベンジしようicon21

それにしても、とっても素敵なアーケードだったな~icon12

アーケードを出て右側に曲がって右手にあったこちらのお店build04
センスの良い革のバックや靴がたくさん置いてありましたfeel09

こういうお店があったら、大切な人へのプレゼント選びに使えるのにな~。。
このお店、オススメですよfeel11

『The Royal Arcade』
335 Bourke Street Melbourne VIC 3000
(03)9670-7777
  


Posted by 小梅koume at 08:13Comments(5)メルボルン編

2011年02月25日

ケアンズで見られる「ハートリーフ」!?

「ハートリーフ」で有名なハミルトン島item09

しかしっfeel20
ケアンズでも見られるのをご存知でしたかっfeel21

それがこちらですっicon12

ね~、ハートでしょ.。゚+.(・∀・)゚+.゚スゴーイ

聞いた時は実はあんまり期待していなかったんです(-∀-。)ホントカナー
でも想像以上でした~Σd(´∀`)
これはケアンズの名所に成り得るのでは(・∀・。)(-∀-。)ウン♪

そこに行く過程も素敵でしたよ~icon12

こちらがパイロット暦40年のカールさんicon23

何を隠そう、カールさんが「ハートリーフ」の発見者なんですね~feel09

4人乗りの飛行機は想像よりも小さく、計器なんかもおもちゃみたいですが、カールさんは本当に操縦が上手でしたfeel11

ケアンズの人気観光スポット「グリーン島」もとても綺麗に見えますnature01

海のグラデーションと「グリーン島」の緑、そして白い砂浜feel01

そして珊瑚礁が美しいブルーとグリーンの海icon12

詳しい体験記は「こちら」をご覧くださいitem19

是非ともケアンズで「ハートリーフ」が見たいという方は「こちら」からお申し込みをbusiness03  


Posted by 小梅koume at 08:24Comments(5)『旅行&ツアー』

2011年02月24日

MEL旅行記「7」City中心部へ!

2月5日(土)icon02

セントパトリック大聖堂を満喫した私達は、City中心部へ向かうことにfeel17

それにしてもさすがはメルボルンicon12
撮影したくなるポイントがたくさんありますね~feel09

アート作品も街に溶け込んでいますfeel11

でも決して、滑ったり、ぶら下がったりするものではありませんicon11

※良い子はマネしないでね

これは何の鳥でしょうね~(。?∀?。)
なかなかアクロバティックなポーズですfeel14
信号ひっくっ∑( ̄ロ ̄|||)

銅像もそんじょそこらにたくさんあるので、モノマネシリーズもやりたい放題people31

とっても高そうですが、あまりにもお洒落過ぎて入らずにはいられなかったこちらのお店build04

店内もとっても素敵icon12
見る人が見たら涎の出るようなカメラコレクションなんだろうな~item42

50%OFFというサインに惹かれ、よせばいいのに気になったライダースジャケットを手に取りましたicon23
珍しい薄い水色の革製品で、手触りがとっても柔らか!
「高そ~。。」と思いながら値札を見ると、$760mark02
ですよね~( ̄乂 ̄)ハイ、カエマセーン
でもこのデザインととクオリティでこの金額だったらありだ、その気持ちだけ置いてお店を後にしましたfeel17

中心部にもたくさんの教会が建ち並んでいますbuild07

建築とかに詳しかったらもっと楽しめるんだろうな(o-´ω`-)ウムウム
旅行が終る頃には、Shotaの写真集が作れる程の枚数になっているに違いない。。

本屋さんも、異国情緒溢れる造りと雰囲気item05

そして公共のトイレでさえもfeel21
映画のようです。

わ~、とっても外国っぽーい(・∀・。)ココデリンゴヲカイタイ

1人で信号待ちしても、ここなら淋しくありません(´∀`*)ミンナイルカラネー

タクシーの車種に決まりがないのか、まったくもって統一感のない形ですbusiness08

街角にはお洒落なカフェたくさん並び、ひっそりとカフェが続く小道までfeel09

カフェ文化が浸透しているので、これだけの数のカフェがあってもお店はお客様でいっぱいなんですね~feel01

街を歩いていてよく見かけるのが様々なアーティストさん達item89
このおじさんは、プラスチックの底なんかを使ってドラムのリズムを刻んでいましたfeel09

定期的に移動しながら演奏しているみたいで、街の至るところで発見できますfeel12
こんな自由な雰囲気のおじさんから、本格的に音響を使って演奏する方々まで。
このCDを売っているお姉さんがまったくもってつまらなさそうで、CDを買いに来たお客さんが不憫になる程無愛想でしたΣd(´∀`)ソコマデイケバスゴイ
この笑顔の素敵なギター弾きの演奏は格好よかったicon12
なんだかアミーゴ的な雰囲気の曲でしたnature15(-∀-。)カナリテキトウ

こちらは有名なビッグシングスの一つの大きながま口財布feel09
何人の人々に開けられようとしたんでしょうね~(・ε・)ヤッチャイマスヨネ
モノマネシリーズでもなんでもなくなってきましたicon10


それではお次は有名なアーケードに向かいましょうicon21  


Posted by 小梅koume at 08:08Comments(3)メルボルン編

2011年02月23日

MEL旅行記「6」ST Patrick'sCathedral

2月5日(土)icon02

歩いて程なくして「ST Patrick's Cathedral(セントパトリック大聖堂)」が見えてきますfeel09

正面からbuild07
大きすぎて写真に入りきりませんicon10


教会の前にはおっきなハマーが停まっていました(゜ロ゜)ナガー

正装した方々が居たので、もしかしたら結婚式だったのかもpeople23

正面横の銅像。
なんだか分かりませんが、偉い人なんでしょうね~。
今回の旅では、銅像のモノマネシリーズを取り入れることにicon21

どちらが似ていますか?(-∀-。)
基本的に撮影している最中は、見物者ににこやかな笑顔を向けられるか、苦笑いをされるので、その視線に耐えられない人は注意icon21

そしてなんとも残念なことに。
こちらの大聖堂、撮影禁止ですmark08
( ̄乂 ̄)ダメー∑( ̄ロ ̄|||)マヂカッ

中はそれはそれは素晴らしかったですよicon12
一つの教会であんなにたくさんのステンドグラスを見たのは初めてでしたfeel01
この大聖堂は見る価値ありですね(・∀)(∀・)ネー☆
中で写真は撮れなくても、外での撮影で充分楽しめますicon21

お、シスター軍団登場.。゚+.(・∀・)゚+.゚ステキー
そしてそのまま車に乗り込むシスター軍団feel17

なんだかちょっと違和感∑( ̄ロ ̄|||)トヨタサンデイドウ!?
でも車の色に白を選ぶところにこだわりを感じる(o-´ω`-)ウムウム

でもやっぱりシスターは教会が似合いますねicon12

さてこちらのお庭にも並ぶ2つの銅像が。
今度は一つずつ。

いや~、どこをとっても絵になりますね~feel11


のどが渇いたので飲みますっ!(o`・ω・)ゞ
それはやめてっ∑( ̄ロ ̄|||)オナカイタクナルヨー


後ろ姿シリーズも渾身の1枚にicon21


Shotaが「んじゃ、俺も~♪」と挑戦するもなんだかへなちょこ。。
こっちの方がShotaらしいか(-∀-。)

メルボルンの見所「セントパトリック大聖堂」を思う存分楽しんで、教会を後にしましたfeel17


Catholic Archdiocese of Melbourne
『SAINT PATRICK'S CATHEDRAL』
Cnr Gisborne Street & Cathedral Place
(03)9662-2233
  


Posted by 小梅koume at 07:43Comments(0)メルボルン編

2011年02月22日

MEL旅行記「5」レンタカーを借りよう!

2月5日(土)icon02

マーケット散策の際は降ったりやんだりしていた雨も、街歩きを始めるとすっかりやんでラッキーfeel01
日頃の行ない(´∀`*)シシシ

7日にグレートオーシャンロードに向かう予定だったので、レンタカーを予約する為にレンタカー屋さんが一つの通りに4軒程立ち並ぶFranklin Streetを歩きますfeel17

バックパッカーの住所はElizaveth Streetとなっていますが、このバックパッカーはElizaveth StreetとFranklin Streetのコーナーにあり、入り口は、Franklin Street側にあるのですfeel12

バックパッカーの写真は、この1枚目の写真の「Alpha CAR hire」の看板あたりから右を向いて撮っていますitem08icon12

私達は料金を比較する為にレンタカー屋さんをはしごすることにfeel17
まずは「Alpha CAR hire」からicon21

どのレンタカー屋さんにも、7-8日の2日間車を借りて、保険付き、更に空港で返すという内容で見積もりを取ってもらいますmark02

こちらのスタッフさんpeople17
面白いです(-∀-。)
「安くしたいんだったら、うちじゃなくて向かいのレンタカー屋に行ったほうがいいよ~(^∀^)」なんてことを笑顔で教えてくれます。。
∑( ̄ロ ̄|||)ニイサン、ソレデイイノ!?
でも3社見積もりをとって、やっぱりココが一番高かったmark02
これだけ軒を連ねていると、やっぱりどのお客様も料金比較をするもの。
この時もどのお店でも同じ顔ぶれが揃うほど皆さん料金を聞いて回っていましたからicon24
でも私が経営者だったら、このお兄さんは雇いたくないな~(。-`ω´-)と思いながら次のお店へfeel17

お次は「Hertz」business08
レンタカーと言えばというぐらい大体の人が知っていますよね。
1軒目は小さなオフィスでスタッフさんが1人のみでしたが、こちらは2階に広いカウンターがあり、数人のスタッフさんが忙しく対応していました。
とりあえず同様の条件でお見積もりmark02
お~、こりゃ安いなfeel09
また、来ま~すとスタッフさんに挨拶してお次のお店へfeel17

最後に行ったのはこちらも有名な「Europcar」feel09
こちらも負けず劣らずの素敵なオフィス。
スタッフ数は「Hertz」より若干少なめです。
こちらでも同様の条件で見積もりmark02
ふむ、悪くはありませんが、やっぱり「Hertz」のが安いicon12

もう1軒お向かいにレンタカー屋さんがありましたが、もう面倒くさいicon21
どこにするか決定(・|∀|・)ハーツサンヨロシクー

ということで「Hertz」に戻り予約することにbusiness03
先程見積もりを取ってくれたスタッフさんの隣のスタッフさんが対応してくれましたが、私達の事を覚えていた最初のスタッフさんが見積もり内容を伝えてくれた為に私達はスムーズに手続きを開始することができましたfeel09
うんうん、素晴らしい対応ですΣd(´∀`)ヤルネ
この日は予約のみで、予約の証明となる紙を渡してくれ、支払いは借りる当日することになります。
その時に日本の免許と国際免許、そして料金を支払う為のクレジットカードを持ってくるようにと言われましたfeel12

お見積もりの全容はこちら!
※この用紙は支払いの際にもらえますfeel09

レンタカー代 $38.5(時間換算のようで1日で計算♪)
保険代 $25.95
ガソリン代 $49.5(時間節約の為。満タン返しの必要がなくなります)
Vehicle Rego Recovery $5.95
Administrative Recovery $3.99

(オフィスに返さずに空港に返す場合にかかります)
GST $12.39
合計 $136.28

悪くないでしょ~ヽ(・∀・)メ
この時は事前にレンタカー屋さんが並ぶ通りがあるという事で予約をしていきませんでしたが、大抵のレンタカー屋さんには、HPにお見積もり昨日が付いていますbusiness03
回るのが面倒くさい人は、ネットで料金比較&予約をしましょうねfeel09


納得のいく料金でレンタカーも無事予約できたので、街歩きを続けますfeel17

Franklin Streetを抜けてVictoria Streetに出るとあるこちらの建物。

なんとお風呂屋さんだそうですfeel09
入ってみたかったのですが、まったくもって余裕なしicon11

トラムが可愛い~.。゚+.(・∀・)゚+.゚

トラムにもいろいろあって、ごつごつしたのや。

なんだかスムーズに動きそうなものまで。

シティ内が無料で乗り放題なんて素敵な乗り物ですよね~icon12

そして面白いと思ったのが、右折車線feel09

トラムがあるからでしょうね。
なんと左側から大きく迂回して右折しますbusiness08feel17

こりゃシティ内の運転は慣れるまで恐いな~icon10

ぎゃ~、こんなマンション素敵過ぎるっ∑q|゚Д゚|p
高いのかな、やっぱり。。


私達は一路、最初の目的地の「セントパトリック大聖堂」に向かいますfeel17  


Posted by 小梅koume at 08:03Comments(3)メルボルン編

2011年02月21日

MEL旅行記「4」Queen Victoria MARKET

2月5日(土)icon02時々icon03

お宿に無事に荷物を置けたので、その足で私たちはメルボルンの見所の一つ、1878年創業の『Queen Victoria MARKET』に向かいましたfeel17
この時の為にお宿のフリーミールには目もくれず、何も食べずにお腹を空かせていたのですから(●´艸`)ウシシ

マーケットは広く、大きく3つのパートに分かれているようでした。

まず足を運んだのはパンやチーズの並ぶ建物内のマーケット。
美味しそうなパンやピザが所狭しと並べられていますicon12

チーズ屋さんには、漫画で見たことあるような大きくて穴の開いたものが種類豊富に揃っていますfeel09

旅行中でなければ買ったのにな~icon11
とにかくお腹が空いていた私たちは、ひと際お客さんが集まっているこちらのパン屋さんで食べ歩きし易そうなパンを購入することにicon21

こちらのパン屋さんはとにかく種類が豊富!
お値段もボリュームのあるパンが70¢~とお求め安いfeel09
.。゚+.(・∀・)゚+.゚ヤスーイ

こちらでチョコレートツイスト($3)を購入し、食べながら更にマーケットを散策icon24

お次は道を挟んで細長くお店が並ぶパートへfeel17

こちらの一部は向かい合わせで2列生鮮食品が並んでいます。
果物にお野菜food07food04

ケアンズよりも品数豊富で、うらやましい(・∀・)オリョウリタノシソー
マッシュルームも茶色いやつがあったりと。
椎茸みたいですが、マッシュルームのようですnature11
りんごも艶々で美味しそうfood05

マメ類や香辛料の種類も豊富でしたよfeel01
こちらのドーナッツ屋さん、気になったのですが6個入りだったのでお腹いっぱいになるのを恐れスルーfeel17

そしてお次は衣料品や靴、バッグやその他雑貨が並ぶパートへitem47


一通りお店を見て周り、私は買いたいと思っていた歩きやすいサンダルをこちらのISACさんのお店で購入feel09

私はいつも靴をデザインで選んでしまい、足が痛い思いをするのですicon11
ISACさんに履いているサンダルをゴミ扱いされ、この後シティ内散策で歩き回ることを見越してサンダル購入を決意icon21
ここで取り扱っているサンダルは、履いた感触が本当にいいのですfeel11
プラネットシューズというメーカーのみを取り扱っており、品質のいい靴をこの価格で買えるのはすごいとISACおじさん熱弁icon21
長きに渡るおっちゃんトークに捕まらないようにご注意を(-∀-。)
マーケット内ではISACさんのお店と、息子さんがやるお店の2つが出ています。
気になった方は立ち寄ってみてくださいねfeel01

『Ladies Fashion Shoes』
0409-858-330 or 0414-541-460

買ったばかりのサンダルに履き替えて更にマーケット内散策!
こちらのパートには、建物と建物の間にカフェやテイクアウェイのお店が立ち並ぶポイントもありますbuild04

何か美味しそうなものないかな~と立ち寄ったお店で、串に刺さったサテのようなもの($4)を購入mark02
このサンドイッチ(?)みたいなやつ、具盛りすぎでしょicon10
どうやって食べるんだろう。。

食べながら更に奥へ。
行きがけに空港まで送ってもらった男友達にお土産選ばないとな~。
やっぱりセクシー系かな(-∀-。)

マーケットには絵画や船の置物等も売られていますが、お土産に持って帰るのは難しそうicon10
でもこの船が$29は安い!
果たしているのかと問われれば、私はいりませんicon23

縦長のアーケードを見終わった後で先ほどのパン屋さんが並ぶ建物のお隣になるお肉やお魚の売られる建物へfeel01

見かけたからには座らずにいられない。
大人はマネしないでねfeel12


ものすごい数のお肉やさんとお魚屋さんanimal20animal07animal16animal08animal01

魚の種類がとにかく豊富です!
立派なサーモンも1匹どどんと売られています♪

美味しそうなロブスターmark56
サーモンちゃん、私をタスマニアで待っていて(´∀`)
初めて見た「BLUE SWIMMER CRABS」feel09
なんだかスマートだから身が少なそうw

旅行中の身でお肉やお魚を買えなかったのは残念だったなicon15
メルボルンに住んだら毎週通うんだろうな(-∀-。)モウソウチュウ

歩き回ったのでカフェで休憩しようということになり、カフェが数件立ち並ぶ通りで気になった「Melbourne Coffee Marchant」というお店に入りましたfeel17

なぜにこのお店に入ったかというと、この大きなコーヒーを挽くマシーンが目に入ったからなのでしたicon12
「自分、豆を挽き続けて30年っす。」みたいなおじさんもおり。

いつもはコーヒーでなくチャイや紅茶を頼む私ですが、この時ばかりはモカ($3.6)を注文food25
Shotaはフラットホワイト($3.4)をオーダーしました。

サイドはカスタードドーナッツ($3)feel01

ゆっくりと朝カフェタイムを満喫した私達はその後シティーへと向かいましたicon24

『Queen Victoria MARKET』
Cnr.Elizabeth & Victoria Streets,Melbourne
(03)9320-5822

月・水・祝日:休業日
火曜-木曜:6:00-14:00
金曜:6:00-17:00
土曜:6:00-15:00
日曜:9:00-16:00
☆マーケットツアーが火・木・金・土曜日の10:00-12:00の間で開催されています($35)  


Posted by 小梅koume at 08:00Comments(3)メルボルン編

2011年02月20日

MEL旅行記「3」MIBと旅の掟

2月5日(土)icon02時々icon03

今回メルボルンで2泊する事になった「MIB(Melbourne International Backpackers)」を選んだのは、初日にヴィクトリアマーケット散策をするつもりだったのでそこに近いこと、そして更にレンタカー屋さんが並ぶストリートにあった事、最後に荷物を早朝から預けられるからという理由からでしたfeel12

入り口を入りレセプションに向かいますfeel17

なんでも前日に大雨だったメルボルンicon03
1階のカーペットが水でぐちょぐちょになってしまったので、急遽レセプションを上の階に移したということでした。
ぐちょぐちょのカーペット。
そしてこの古そうなエレベーター。。

一気にこのバックパッカーでよかったのか不安にicon11

前日に2日間の宿の予約をしていたので、スムーズに手続き終了feel11

お値段は1人1泊$30/6人部屋で、キーデポジットが$20/1人ですfeel09
お部屋の鍵はカードキーitem34
スタッフさん達の対応は良く、旅行で今日来たばかりと告げるとシティの見取り図に見所を書き込んで説明してくれました(・∀・)タスカルー

2日目にパッフィンビリーに行くまでの道程を別のスタッフさんに尋ねた時も、快くPCを使って調べてくれましたicon12

こちらにはインターネットスペースにテラスicon28

広々としたコミュニケーションスペースにフリーブレークファーストサービスなんかもありますnature06

部屋はコミュニケーションスペースから奥に入り、左手のお部屋109でした。

2段ベッドが縦に1列並んだ奥行きのある造りで、ロッカーもありましたよ。

コミュニケーションスペースと併設したキッチンはこんな感じ。

お風呂とお手洗いの写真は撮り忘れましたが、泊まった部屋と同じ階でメイクルームとお手洗い、シャワールームが一緒になっているタイプでしたmark37
綺麗でシャワーのでも申し分なしでしたよfeel11

そしてこちらがルームメイト(^∀^)

真ん中のイタリア人カップルと特に仲良くなり、連絡先を交換したのでケアンズに遊びに来る時は連絡をくれる事になっていますfeel01
もう1人私のベッドの下にザビエル似の男性が居たのですが、まったくもって行動する時間帯が違い1度もコンタクトできずicon10
だって朝の5時に帰ってくる生活ですから(-∀-)
お宿とバッパーメンバーにも恵まれ、幸先の良いスタートですfeel11

『Melbourne International Backpackers』
450 Elizabeth Street Melbourne
1800-557-891(Free Call)
03-9662-4066
Check Out 11:00am(この時にシーツ類とカードキーを返却)
Free Breakfast 7:30am-9:30am(キッチンにて)


『FluidOz Bar』(併設のバー)
☆宿泊者は10%OFF!!
日曜日&月曜日 Free Pool & Free Jukebox
火曜日 Comedy 9pm Karaoke 10:30pm
水曜日 Porker Nights(Put your name at the bar Starts at 9pm)
木曜日 Trivia 9pm Free Video Jukebox after
日曜日ー木曜日 $12Jugs Bulmers & $5 Xtra Dry

さてさて、ここで今回の旅行で自分に課した掟のご紹介feel09
私は福岡出身ですヽ(・∀・)メYes,i am!
福岡といえば博多弁。
でも海外に出ると様々な地域の友達ができ、やはり標準語を聞く機会が増え、いろいろな言葉が入り交じるように。。
オーストラリアに来る前にフィリピンに3ヶ月行って帰ってきた私の話し方は標準語を多用するようになっており、その際に姉と弟に「気持ち悪い!博多のココロを忘れたかっ!!(#`д´)」と一蹴され(人ω<`;) ス、スイマセン
今回の相棒Shotaが神奈川県の横浜出身だった為、すぐに語尾の「じゃんね~」が伝染feel19
以前東京に就職した男友達が電話で「〇〇じゃん?」と話すのを聞き「何それっ!気持ち悪い!!そんな話し方やめなさ~いicon21」と言っていたのを思い出し、自分の話し方矯正を敢行することにicon09
1度その禁句を使うごとに、旅行の際にお金を出し合って使う共通財布に$1を入れるというルール。
さて、総額いくら入れることになるのやら(。-`ω´-)  


Posted by 小梅koume at 01:28Comments(7)メルボルン編

2011年02月19日

MEL旅行記「2」電車でシティへ!

2月5日(土)icon01

無事に「Melbourne Airport」に到着した私達はシティと空港を行き来している「SkyBus」でシティへと向かいますbusiness07feel17

料金は大人片道$16、往復だと$26mark02

ブリスベンでも見ましたが、大都市のバスはとにかく長い∑( ̄ロ ̄|||)ダックスフンドカ

入り口入って左側に大型の荷物が置けるラックが備え付けてありますfeel12
車内はこんな感じ。

綺麗ですよねfeel11

空港を6:30に出発し、約20分程でシティの「Southern Cross(サザンクロス)駅」に到着しましたbusiness14

この日は1日シティ内を見て回る予定だったので、駅でmetcardを購入することにicon21

これを持っていると、指定地域内(Zone1)では電車やバス、トラムなど全て乗り放題なのですicon12
料金は1日で$6.8mark02

お得ですよね(^∀^)

まずは2日間の宿となる「International Backpackers」に荷物を置く為に「Melbourne Central(メルボルンセントラル)駅」を目指しました。
駅でどれに乗ればいいか迷っていると、おじさんが優しく声を掛けてくれ、どの電車に乗ればいいのか教えてくれました.。゚+.(・∀・)゚+.゚ナンテシンセツナ
おかげ様でスムーズに電車に乗れましたfeel09
電車の車内はこんな感じ。

程なくにメルボルンセントラル駅に到着!
まだ時間帯が早いのでまったくもって静かな構内。
それでも駅に並ぶお店はとってもお洒落でしたfeel01

高そうですけどね(-∀-。)
構内にあったタワーと大きな懐中時計item57

外に出ると、いきなり地面に埋まっている図書館発見feel09
ヽ(・∀・)メミテー、ウマッテルー

電柱さえも装飾が施されています。

私達は一路お宿へicon24
道中不思議なものを発見。
なんだこれ(。??∀??。)
feel09
あれだ~!
馬が水を飲むんだ~!!
とりあえずShotaを馬に見立てて記念撮影item08icon12

歩いて程なくお宿の「International Backpackers」に到着feel09
  


Posted by 小梅koume at 13:57Comments(3)メルボルン編