プロフィール
小梅koume
小梅koume
4人兄弟の3番目。次女という立ち位置を最大限に利用して自由な生活を満喫中。フィリピンやオーストラリアでの海外生活を通して、30歳からの人生の方向性を見極めるべく自分磨きをしながら邁進します!


オーナーへメッセージ

読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
QRコード
QRCODE
にほんブログ村 海外生活ブログ ケアンズ情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ人気ブログランキングへ

2011年02月20日

MEL旅行記「3」MIBと旅の掟

2月5日(土)icon02時々icon03

今回メルボルンで2泊する事になった「MIB(Melbourne International Backpackers)」を選んだのは、初日にヴィクトリアマーケット散策をするつもりだったのでそこに近いこと、そして更にレンタカー屋さんが並ぶストリートにあった事、最後に荷物を早朝から預けられるからという理由からでしたfeel12

入り口を入りレセプションに向かいますfeel17

なんでも前日に大雨だったメルボルンicon03
1階のカーペットが水でぐちょぐちょになってしまったので、急遽レセプションを上の階に移したということでした。
ぐちょぐちょのカーペット。
そしてこの古そうなエレベーター。。

一気にこのバックパッカーでよかったのか不安にicon11

前日に2日間の宿の予約をしていたので、スムーズに手続き終了feel11

お値段は1人1泊$30/6人部屋で、キーデポジットが$20/1人ですfeel09
お部屋の鍵はカードキーitem34
スタッフさん達の対応は良く、旅行で今日来たばかりと告げるとシティの見取り図に見所を書き込んで説明してくれました(・∀・)タスカルー

2日目にパッフィンビリーに行くまでの道程を別のスタッフさんに尋ねた時も、快くPCを使って調べてくれましたicon12

こちらにはインターネットスペースにテラスicon28

広々としたコミュニケーションスペースにフリーブレークファーストサービスなんかもありますnature06

部屋はコミュニケーションスペースから奥に入り、左手のお部屋109でした。

2段ベッドが縦に1列並んだ奥行きのある造りで、ロッカーもありましたよ。

コミュニケーションスペースと併設したキッチンはこんな感じ。

お風呂とお手洗いの写真は撮り忘れましたが、泊まった部屋と同じ階でメイクルームとお手洗い、シャワールームが一緒になっているタイプでしたmark37
綺麗でシャワーのでも申し分なしでしたよfeel11

そしてこちらがルームメイト(^∀^)

真ん中のイタリア人カップルと特に仲良くなり、連絡先を交換したのでケアンズに遊びに来る時は連絡をくれる事になっていますfeel01
もう1人私のベッドの下にザビエル似の男性が居たのですが、まったくもって行動する時間帯が違い1度もコンタクトできずicon10
だって朝の5時に帰ってくる生活ですから(-∀-)
お宿とバッパーメンバーにも恵まれ、幸先の良いスタートですfeel11

『Melbourne International Backpackers』
450 Elizabeth Street Melbourne
1800-557-891(Free Call)
03-9662-4066
Check Out 11:00am(この時にシーツ類とカードキーを返却)
Free Breakfast 7:30am-9:30am(キッチンにて)


『FluidOz Bar』(併設のバー)
☆宿泊者は10%OFF!!
日曜日&月曜日 Free Pool & Free Jukebox
火曜日 Comedy 9pm Karaoke 10:30pm
水曜日 Porker Nights(Put your name at the bar Starts at 9pm)
木曜日 Trivia 9pm Free Video Jukebox after
日曜日ー木曜日 $12Jugs Bulmers & $5 Xtra Dry

さてさて、ここで今回の旅行で自分に課した掟のご紹介feel09
私は福岡出身ですヽ(・∀・)メYes,i am!
福岡といえば博多弁。
でも海外に出ると様々な地域の友達ができ、やはり標準語を聞く機会が増え、いろいろな言葉が入り交じるように。。
オーストラリアに来る前にフィリピンに3ヶ月行って帰ってきた私の話し方は標準語を多用するようになっており、その際に姉と弟に「気持ち悪い!博多のココロを忘れたかっ!!(#`д´)」と一蹴され(人ω<`;) ス、スイマセン
今回の相棒Shotaが神奈川県の横浜出身だった為、すぐに語尾の「じゃんね~」が伝染feel19
以前東京に就職した男友達が電話で「〇〇じゃん?」と話すのを聞き「何それっ!気持ち悪い!!そんな話し方やめなさ~いicon21」と言っていたのを思い出し、自分の話し方矯正を敢行することにicon09
1度その禁句を使うごとに、旅行の際にお金を出し合って使う共通財布に$1を入れるというルール。
さて、総額いくら入れることになるのやら(。-`ω´-)


同じカテゴリー(メルボルン編)の記事画像
MEL旅行記「23」メルボルン立ち上る炎と屋台
MEL旅行記「22」お祭りと失恋
MEL旅行記「21」St Kilda Pier
MEL旅行記「20」St Kilda街歩き
MEL旅行記「19」Luna Park
MEL旅行記「17」ICからST KILDAへ
同じカテゴリー(メルボルン編)の記事
 MEL旅行記「23」メルボルン立ち上る炎と屋台 (2011-03-27 12:48)
 MEL旅行記「22」お祭りと失恋 (2011-03-25 07:55)
 MEL旅行記「21」St Kilda Pier (2011-03-24 07:53)
 MEL旅行記「20」St Kilda街歩き (2011-03-23 05:23)
 MEL旅行記「19」Luna Park (2011-03-22 06:12)
 MEL旅行記「17」ICからST KILDAへ (2011-03-20 06:01)

この記事へのコメント
すったフの笑顔が気持ちいいですね。そうか小梅さんは伝染されやすいタイプだったのですね。ザビエル似の男が気になります。
Posted by KK at 2011年02月20日 16:34
メルボルンで、バッパーに泊まったことがないので、全く想像もつかなかったのですが、中は良さそうですね。

ルームメンバーは特に長期滞在になると、本当に気になる所ですよね。

気があった人と、ご飯食べに出かけたりとか、とても有意義な時間を過ごせますモンね!
それに、情報交換には欠かせないですし。

イタリア人カップルのお二人と、ケアンズで再会出来るとよいですね。
Posted by オージー2世 at 2011年02月20日 16:55
>Kさん
とっても雰囲気のいい2人でしたよ~♪

私は単純なので、感化されやすいのですw
友達に催眠商法とかに弱そうと言われた事がありますwww

そうでしょう!?
ちょっと話してみたかったんですけどね~w

>オージー2世さん
メルボルンはここともう一つ泊まることになったのですがよかったですよ~♪
大部屋ではメンバーは最重要です!
変わってる人も面白いちゃ面白いんですけどね~w

きっとできると思います♪
Posted by 小梅koume小梅koume at 2011年02月20日 19:05
あ~^^おいらも出身、横浜^^

浜っ子つながり☆

なかなかキレイな
バッパーじゃないっすか!

十分ですよ☆お値段もそれなりだし;;
バッパー探すときに20$台前半
できたら10$台を目標に探している
貧乏はおいらからしたら
なかなか天国みたいなとこですわ^^☆
Posted by DiceDice at 2011年02月20日 21:29
>Diceさん
私は福岡の福浜出身なのですが、そこでも浜っ子を使うんですけどw

あんまり安いところは恐いので、$30以下で探しています。
でも、安く済むに越した事はないですからね~w
Posted by 小梅koume at 2011年02月21日 08:02
小梅さんのブログのトップで
いつも見てますよ^^福浜出身の浜っ子^^

福岡・・・・日本に帰ったら
実家に帰る途中に寄ろうかな~と
考え中です☆

沖縄から入る予定なので☆

福岡に誰も友達がいないから・・・
正確に言うといるんだけど、まだ
オーストラリアだから、そのまま
スルーしようかと思ってたんですけど
福岡出身の友達が、友達の友達を
派遣してくれるって言うんで
もし、可能ならお世話になろうかと^^

小梅さんのおすすめも教えてくださいね~^^
Posted by DiceDice at 2011年02月21日 17:34
>Diceさん
そうでしたかw

日本は沖縄入りなんですね~♪
いやー、私が居たら、車でだいぶ案内できたんですけどね~。。
また福岡に居る時にでも遊びに来てくださいw

もちろんです!
私、福岡でもだいぶ食べ歩いてたので詳しいですよ~♪
私が知らなくても知っている人を知っている!
お任せください☆
Posted by 小梅koume at 2011年02月21日 19:18
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
MEL旅行記「3」MIBと旅の掟
    コメント(7)