プロフィール
小梅koume
小梅koume
4人兄弟の3番目。次女という立ち位置を最大限に利用して自由な生活を満喫中。フィリピンやオーストラリアでの海外生活を通して、30歳からの人生の方向性を見極めるべく自分磨きをしながら邁進します!


オーナーへメッセージ

読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
QRコード
QRCODE
にほんブログ村 海外生活ブログ ケアンズ情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ人気ブログランキングへ

2010年12月07日

GC旅行記「13」最東端の朝日

10月22日(金)icon01

豪人ブロガーのKさんが連れて行ってくれると約束してくれたバイロンベイ。
念願叶って、その日を迎えることができましたicon12
観覧車とQ1ビルもまだ眠る3:30AMにKさんと待ち合わせfeel18

Kさんの奥様と3人でまだ眠るゴールドコーストを出発しましたbusiness08feel17

シティからバイロンベイまでは車で1時間半程の道程となります。
以前は2時間以上かかっていたようなのですが、高速が整備され時間が短縮されたとのこと。

無事5時ちょうどにバイロンベイの最東端にある有名な灯台の駐車場に到着feel09
歩いて灯台に向かいます。
少しずつ見えてくる灯台。
なんだかおもちゃのようですね。

この建物はオーストラリアの最東端で泊まれる宿ということですicon25
1部屋借りのシステムだということなので、興味のある方は友達同士や家族で集まって泊まるといいかもしれませんねfeel01

朝日を見る為に集まった人達と共に、静かにその時を待ちました。

少しずつ顔を出す太陽にゆっくりと染められる空と海。

いつか必ず見ようと決めているブルームの「月の階段」nature21
一足先に、「太陽の階段」を見ることができました。

真っ白な灯台も、太陽に照らされてオレンジ色に。

空に昇ると共に力を増していく光と熱。
ものすごいエネルギーです。

灯台の近辺には、ボードウォークがあり、灯台がある場所をぐるっと回れるようになっています。

せっかくだから下までお散歩。
階段をどんどん降りていきます。
ビーチにも下りられるようですが、今回はパス!

所々に見える景色の説明が書いてある案内がありますよ。

時と共に光を強める太陽。
岩にぶつかって舞い上がる波が鮮やかに白く光ってまぶしいほどです。

時折ボードウォークをウォーキングしたりランニングしている人達とすれ違い、挨拶を交わします。
毎日こんなに綺麗な所を歩いたり走ったりしているのかな。
うらやましい。
ものすごいエネルギーをもらえる場所で運動できるんですからねfeel14
戻りは長く続く階段をがつがつのぼってKさん達と合流。
あ~気持ちいいicon12
最東端、制覇icon21

久しぶりのジャンプシリーズは灯台と一緒にpeople31

帰り道には南極に帰るクジラを見ることができました。
潮を吹いているのが分かりますか?
灯台に写る3人の集合写真。

Kさんはとにかく目がいいのか、集中力が違うのか、遠くのイルカやクジラをいとも簡単に見つけてしまいます。
まるでKさんに集まってくるようです。
歩いていても植物のことや、空や雲のこと、動物のことなど、どんどん話してくれます。
自然と一体になってしまうガイドさんには初めて出会いました。

そしてなんと言っても写真が本当に上手いっfeel20
ブログでも毎回感動の写真をUPしてくれていますが、今回ご一緒にいろいろ連れて行ってもらっている間にもたくさん素敵な写真を撮っていただきましたitem08icon12


Photo by Ksan

忘れられないオーストラリアの思い出がまた一つ増えました。
3人での小旅行はまだまだ続く・・・。

Kさんのブログは「こちら」


同じカテゴリー(ゴールドコースト編)の記事画像
GC旅行記「18」Gatton
GC旅行記「17」CARRARA MARKETS
GC旅行記「16」Q1
GC旅行記「15」タンボリンマウンテン
GC旅行記「14」バイロンベイ
GC旅行記「12」ナイトサファリツアー
同じカテゴリー(ゴールドコースト編)の記事
 GC旅行記「18」Gatton (2010-12-26 21:19)
 GC旅行記「17」CARRARA MARKETS (2010-12-23 23:30)
 GC旅行記「16」Q1 (2010-12-12 22:05)
 GC旅行記「15」タンボリンマウンテン (2010-12-10 21:52)
 GC旅行記「14」バイロンベイ (2010-12-08 21:50)
 GC旅行記「12」ナイトサファリツアー (2010-12-01 17:47)

この記事へのコメント
バイロンベイ、いいですねぇ。

そうそう、最東端なんですよね。

ブルームよかったですよ。
ケーブルビーチは海がエメラルドグリーンです。
GBRとはまた違い素敵ですよ。
砂浜に字を書いて遊んだりしました。
いい思い出でです。

残念ながら私は月の階段を見に行かずにブルームを後にしました。
ブルームの目的は、日本人墓地へのお参りだったからです。

しっかり手を合わせてきましたよ。
オーストラリアに日本と同じ墓石があるのが何とも不思議でした。

しかし、今捕鯨問題があるので、ブルームではくれぐれも気をつけて下さいね。

皆さんがそうというわけではもちろんありませんし、私の魂はオーストラリア製ですのでオーストラリア人を非難する気はないのですが、中には快く思ってない方がいらっしゃるのも事実です。

いい思い出たくさん作ってきて下さいね。
Posted by オージー2世 at 2010年12月07日 20:31
懐かしいですね。もう2ヶ月近く前かぁ。。今度はラミントン国立公園行きましょう〜!精霊の森に入りましょう^^
Posted by KK at 2010年12月08日 03:13
>オージー2世さん
ブルームに行くのは本当に楽しみです!
太陽もすきですが、月はもっと違う引力のようなものがあるんです。

ブルームは歴史的にも、とても深い意味を持つ場所のようですね。
それらも含めて勉強だと思っているので、気をつけていってきます!

>Kさん
もうそんなに経つんですね~。
本当に内容の濃い1日でしたよねw

ラミントン国立公園行きたいです!
Kさんと一緒に森に入りたいんですよね♪

タスマニア、奥さんと3人で一緒に行きませんか?w
Posted by 小梅koume小梅koume at 2010年12月08日 09:10
今から10年位まえに僕もバイロンベイに行きました!町から歩いていったので、結構遠かった気がしましたが、とても綺麗な眺めだったのを覚えています。
そして綺麗な写真ですね!
Posted by メルボルン好きタコ社長のスタッフ達メルボルン好きタコ社長のスタッフ達 at 2010年12月08日 10:32
>メルボルン好きタコ社長のスタッフ達さん
町から歩くと結構な距離がありそうですね!
でも、時間があったら私もそうしたかったです♪

Kさんは本当に写真が上手ですよねー!
私も頑張らねばw
Posted by 小梅koume小梅koume at 2010年12月08日 17:26
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
GC旅行記「13」最東端の朝日
    コメント(5)