プロフィール
小梅koume
小梅koume
4人兄弟の3番目。次女という立ち位置を最大限に利用して自由な生活を満喫中。フィリピンやオーストラリアでの海外生活を通して、30歳からの人生の方向性を見極めるべく自分磨きをしながら邁進します!


オーナーへメッセージ

読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 5人
QRコード
QRCODE
にほんブログ村 海外生活ブログ ケアンズ情報へにほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ人気ブログランキングへ

2010年12月10日

GC旅行記「15」タンボリンマウンテン

10月22日(金)icon01

バイロンベイを後にして、車でタンボリンマウンテンに向かいましたbusiness08feel17
これだけいろいろな事をしたのに、バイロンベイを発ったのが9時半icon12

タンボリンマウンテンのルックアウトにあるモニュメントです。

なんて広大な景色。
大きく息を吸い込んで、体の中の空気を全て入れ替えました。

こんなに景色が綺麗なところなら、やっぱり飛びたいicon14
爽快feel01

芝生に寝転がってごろごろ。
あ~、空が広いnature02
世界は美しいな。

さてさて、景色に満足したので街散策にLet's goicon21
さっそく不思議な植物発見。
何ていうのか忘れましたが、その名の通りカンガルーの足のような形の植物です。

Kさんが不思議な植物から、名前は知ってるけど初めて見た~feel09みたいな植物までなんでも説明してくれますicon12
可愛い建物が並ぶのどかな街並み。
ガーデンがあったり、植え込みの植物も綺麗にお手入れされていますnature08

有名な手作り時計のお店です。

お店の中は時計のかちこちという音や、仕掛け時計の時を告げる音で満ち溢れていますitem65

きっとこれで飲んだら3倍増しに美味しくなりそうな可愛いビアジョッキ。
このまま日本に帰るのなら買いたかったな~food42
仕掛け時計の中にハイジをモチーフにした作品がありました。
探してみてくださいね。

お腹が空いたので、人気のレストラン「GEORGE'S PARAGON」に入店icon28

このレストランは、ディナーの価格の半額でランチを食べることができますmark02
人気があるようで、レストランは人でいっぱいでした。
私はfettuccine prawns($16.6)オーダー。
サーブしてもらった後に、スタッフさんが好きなだけ粉チーズをふりかけてくれますfood29

一言、素晴らしかったicon12
シーフードに定評のあるレストランというだけあって、海老のプリプリ感が最高!
そして、パスタの湯で加減とクリームソースの味付けが絶妙なんですfeel20
店内の雰囲気も良く、スタッフさんもしっかりとしたサービスをしてくれます。
今度行く時はディナーを楽しんでみたいな~と思えるお店でした。

お腹が満たされた所でまたまたお店巡りへfeel17
ファッジのお店food50
味見で食べたファッジが黒くてゴムみたいな味がしてとっても美味しくなかったので買わなかったのですが、おかれているファッジは美味しそうでしたよfeel11

この街には不思議なお店もちらほら。
「Fairies」には可笑しなキノコのオブジェと。

ちょいと年配のフェアリーちゃんがいますpeople30

このお店のお庭にある植え込みにいたカエルくんです。

お次はこちらへどうぞicon23

向かった先は、ビール工場とヨーグルト工場が併設してあるこの建物animal20

こちらで一休憩。
アイスクリームはSingleが$4でDouble$6。
ダブルにしたいところだけど、パスタでお腹がいっぱいなのでシングルにすることにfood22
ヨーグルトはお持ち帰りで買いましたが、本当に滑らかで濃厚!
チーズケーキのような味でしたicon12

ビールは飲みませんでしたが、味比べなんかもできそうでしたよ。
このスポーツカーは、オーナーさんの趣味でしょうか?business15

こちらでもKさんが素敵な写真を撮ってくれましたitem08icon12
こんなに素敵な写真を撮ってもらえる奥様とこれから生まれる赤ちゃんはとっても幸せですね。
Ksanの作品に出演できて感激ですicon12


Photo by Ksan


Ksan、Asan、大切なお休みの時間を割いて1日一緒に過ごしていただいてありがとうございましたfeel20
ゴールドコースト&ブリスベンの旅で一番中身の濃い1日でしたよ。
またお会いできるのを本当に楽しみにしています。
その時は元気な赤ちゃんに会えるのでしょうね。

Ksanのブログは「こちら」から!


同じカテゴリー(ゴールドコースト編)の記事画像
GC旅行記「18」Gatton
GC旅行記「17」CARRARA MARKETS
GC旅行記「16」Q1
GC旅行記「14」バイロンベイ
GC旅行記「13」最東端の朝日
GC旅行記「12」ナイトサファリツアー
同じカテゴリー(ゴールドコースト編)の記事
 GC旅行記「18」Gatton (2010-12-26 21:19)
 GC旅行記「17」CARRARA MARKETS (2010-12-23 23:30)
 GC旅行記「16」Q1 (2010-12-12 22:05)
 GC旅行記「14」バイロンベイ (2010-12-08 21:50)
 GC旅行記「13」最東端の朝日 (2010-12-07 19:59)
 GC旅行記「12」ナイトサファリツアー (2010-12-01 17:47)

この記事へのコメント
うわぁ~~~~~、すべての記事を読みましたよ。
そして最初に思ったのが、最後の2枚の写真のすばらしさ!

Kさんすごいですね。

それから、最初の方の見渡す写真は、メルボルンのダンディノンからの景色に似ていました。

あぁ言った見渡し方が出来るのがオーストラリアの良さであり、広さを感じるよい景色なんですよね。

あぁ~、やっぱり帰りたい。
Posted by オージー2世 at 2010年12月10日 22:15
小梅さんのいったLook out たぶん
おいらも行ったと思います!!

おいらが行ったときはそこで
文字通り、人が空を飛んでましたよ!
ハングライダーで^^

あんなにたくさんお店やら
工場やらあったんですね^^
ビール工場があったとは知らなかった。

おいらが行ったときはお店は
ほとんど見なかったんですよ;;
お金もなかったし。

メインストリートを車で通ったけれど
なんとなく閑散として人がいない感じで
お店に入ろうっていう感じには
ならなかったっていうのもある。。

あ、野菜の無人販売やってました??
なんか日本の田舎みたいでおもしろかった!

あと、おいらが行ったのは
メルヘンな感じの内装と建物の
リキュールショップ!
小梅さんは行きました??
Posted by DiceDice at 2010年12月12日 01:47
>オージー2世さん
そうでしょうそうでしょう。
写真は感性で撮るという理由がKsanを見ていたら分かるような気がします。

メルボルンのダンディノンでもこのような景色が見られるんですね。
オーストラリアはやっぱり素晴らしい景色がいたる所で楽しめるんですね♪

帰ってきてください!

>Diceさん
確かにあそこからは飛べそう♪
気持ちいいでしょうね~!

私も言う程使ってないですw
自分に$6のお土産シロップを買ってご飯とアイスを食べたぐらいですかね♪
見るだけでも楽しいものですよ。

無人販売は見なかったような。。
通りがかりの道路で見たような見てないようなw

リキュールショップには行っていないですね~。
メルヘンな感じの仮装&写真撮影スペースには行きましたけど♪
そこは写真撮影禁止だったので、秘密で撮った写真しかないんですw
Posted by 小梅koume小梅koume at 2010年12月12日 19:28
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
GC旅行記「15」タンボリンマウンテン
    コメント(3)